LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Annotations.Core)

IAnnAutomationControlインターフェース

フレームを表示
メンバ 
LEADTOOLSアノテーションオートメーションによるユーザーコントロールをサポートします。
オブジェクトモデル
構文
function Leadtools.Annotations.Core.IAnnAutomationControl() 
解説

IAnnAutomationControlは、選択した任意のコントロールでLEADTOOLSアノテーション自動化を簡単に使用できるようにするインターフェースを定義します。デフォルトで、オートメーションフレームワークは、サポートをオートメーションが使われる表面としてLEADTOOLS ImageViewerコントロールを使うために提供します。

自動化を実行するためには、コントロールとの間でさまざまなやり取りを行う必要があります。たとえば、コントロールのサイズや解像度に関する情報を取得する、ユーザーインターフェースと結合するために各種タッチ/マウスイベントやキーボードイベントをサブスクライブする、アノテーションオブジェクトを再描画するためにコントロール表面の全体または一部を無効化する、アノテーション座標とクライアント座標の間で値を変換する、などの操作を行います。

上記のモードが使われるとき、IAnnAutomationControlを実装して、インターフェースのメソッド/プロパティ/イベントとImageViewerのそれの間で変換を提供するLeadtools.Annotations.[プラットホーム]サンプルプロジェクトが、付属するImageViewerAutomationControlを使うことができます。

独自に作成したカスタムコントロールで自動化を使用するには、IAnnAutomationControlを実装するクラスを作成し、そのクラスのインスタンスをAnnAutomation(AnnAutomationManager、IAnnAutomationControl)に渡す必要があります。より高度な機能が必要な場合は、AnnAutomation.AttachとAnnAutomation.Detachに渡すこともできます。

HTMLコントロールからオートメーションを作成するためにそれを簡単に使うことができるように、IAnnAutomationControlは設計されます。

参照

参照

IAnnAutomationControlメンバ
Leadtools.Annotations.Core名前空間