LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Annotations.Core)

GetInvalidateRectメソッド(AnnObject)

フレームを表示
表示、コンテナとimage座標を変換するとき、このコンテナで使用するマッパー。
使うオブジェクトレンダラー。
このAnnObjectの現在の物理的な長方形を指定するLeadRectDオブジェクトを取得します。
構文
 function Leadtools.Annotations.Core.AnnObject.getInvalidateRect( 
   mapper ,
   renderer 
)

パラメーター

パラメーター説明
マッパーAnnContainerMapper表示、コンテナとimage座標を変換するとき、このコンテナで使用するマッパー。
レンダラーIAnnObjectRenderer使うオブジェクトレンダラー。

戻り値

説明
LeadRectD このAnnObjectの現在の物理的な長方形。
解説

オブジェクトの現在の物理的な長方形を得るために、このメソッドを使います。マッパーとレンダラーは、長方形の正しいピクセルサイズを計算するために必要です。

自動化フレームワークは通常、Automationコントロールの無効化を以下のように実行します。


            // Get current physical rectangle of the object
            var oldRectangle = annObject.getInvalidateRect(mapper, renderer);
            // Modify annObject, for example
            annObject.translate(10, 10);
            // Get the new physical rectangle of the object
            var newRectangle = annObject.getInvalidateRect(mapper, renderer);
            // Get the union of old and new rectangles
            var invalidateRect = Leadtools.LeadRectD.unionRects(oldRectangle, newRectangle);
            // Invalidate the viewer control so the object is erased and then re-drawn at the new location
            automationControl.automationInvalidate(invalidateRect);
            
参照

参照

AnnObjectオブジェクト。
AnnObjectメンバ