LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Annotations.Core)

HitTestメソッド(AnnCrossProductObject)

フレームを表示
テストされるLeadPointD
しきい値バッファ値、ピクセル単位で。
このAnnCrossProductObjectの上でヒットテストを実行します。
構文
 function Leadtools.Annotations.Core.AnnCrossProductObject.hitTest( 
   point ,
   hitTestBuffer 
)

パラメーター

パラメーター説明
ポイントLeadPointDテストされるLeadPointD
hitTestBufferしきい値バッファ値、ピクセル単位で。

戻り値

説明
ブーリアン ヒット-テスト値を表す値;または、テストポイントがこのAnnObjectの上にないならば、ゼロにします。
解説

ポイントは物理座標で指定する必要があります。

hitTestBufferを使用するとテストポイントが「大きく」なるため、誤差を補ってスムーズなヒットテストを実現できます。たとえば、バッファが2であるならば、testPointのあたりの4つのピクセルのlengthによる正方形はヒットテストを実行するのに用いられます。

デフォルトでは、ヒットテストが成功した場合、アノテーションオブジェクトはtrueを返します。派生オブジェクトでは、このメソッドをオーバーライドして戻り値を微調整できます。

参照

参照

AnnCrossProductObjectオブジェクト。
AnnCrossProductObjectメンバ