LEADTOOLS JavaScript(Leadtools.Annotations.Core)

AnnDataProviderオブジェクト。

フレームを表示
メンバ 
アノテーション画像データのためのプロバイダー。
構文
function Leadtools.Annotations.Core.AnnDataProvider() 
解説

AnnDataProviderは、アノテーションフレームワークで必要であるとき、サポートを画像データを取得して設定するために提供するのに用いられます。

AnnRedactionObjectAnnEncryptObjectは、アノテーション対象となっているimageで領域を編集して、暗号化するのに用いられることができます。たとえば、AnnRedactionObjectは以下のように機能します:

これらの操作は、この場合、単純な画像処理を実行するだけでなく、オリジナルのimageと悪徳で特定の長方形から、そして、それに画像データをコピーすることを機能に要求しました。そして、黒いカラーで塗りつぶしました。

これらの操作はプラットホームと用途特化です、そして、画像データはソースの任意型から得られることができます、そして、したがって、汎用的なAnnDataProviderが使われます。

AnnDataProviderはアプリケーションによって実装されなければならない抽象クラスです、そして、以下のメンバは提供されなければなりません:

メンバ 説明
CanWrite

自動オブジェクトによって、このAnnDataProviderが画像データを書き込むことをサポートするかどうか検出するのに用いられます。

CanRead

自動オブジェクトによって、このAnnDataProviderが読み取り画像データをサポートするかどうか検出するのに用いられます。

GetImageData

指定された場所とサイズで画像データを返します。

SetImageData

指定された場所とサイズで画像データを設定します。

塗りつぶし

指定された場所とサイズで画像データをカラーで塗りつぶします。

暗号化

指定された場所とサイズでキーで画像データを暗号化します。

Decrypt

キーを用いて指定された場所とサイズで画像データを解読します。

すべてのLeadtools.Annotations.[プラットホーム]例プロジェクトは、AnnDataProviderの完全な実装を特定のプラットホームに提供します。サンプルについては、「ソースコード」を参照してください。

IAnnAutomationControlは、オートメーションサポートを改訂版と暗号化アノテーションオブジェクトに提供する用意が整っていなければならないAnnDataProviderのインスタンスを格納します。

AnnDataProviderのメソッドは、次の場合において呼び出されます

参照

参照

AnnDataProviderメンバ
Leadtools.Annotations.Core名前空間