LEADTOOLS OCR(Leadtools.Forms.Ocrアセンブリ)

フレームを表示

Leadtools.Forms.Ocr名前空間

継承階層


Outlineとインターフェース、クラス、構造体、列挙法とデリゲートの説明。
クラス
 クラス説明
OcrAutoRecognizeJobOperationEventArgs IOcrAutoRecognizeManager.JobOperationイベントのためのデータを格納します。
OcrAutoRecognizeJobProgressEventArgs IOcrAutoRecognizeManager.JobProgressイベントのためのデータを格納します。
OcrAutoRecognizeRunJobEventArgs IOcrAutoRecognizeManager.JobStartedとIOcrAutoRecognizeManager.JobCompletedイベントのためのデータを格納します。
OcrComponentMissingException サポートされるが、インストールされないOCR機能を使おうとするとき、スローされる例外を表します。
OcrEngineManager OCRエンジンインスタンスを作成するために、メソッドを提供します。
OcrException ランタイムエラーがIOcrEngineの中に発生するとき、スローされる例外を表します
OcrSupportLockedException サポートロックされたランタイムエラーがIOcrEngineの中に発生するとき、スローされる例外を表します。
OcrTypeManager OCR struct値を作成するヘルパークラス。
OcrWriteXmlOptions XMLデータを保存するとき、使うオプション。
OcrZoneCell OcrZoneType.Tableのゾーンで、セルの情報を格納します
インターフェース
 インターフェース説明
IOcrAutoRecognizeJob IOcrAutoRecognizeManagerが実行および追跡できるOCRジョブを指定します。
IOcrAutoRecognizeManager 無人での認識操作に適したOCRの「ファイアー&フォゲット」アプローチ(1回の呼び出してすべてのOCR認識処理を行う)のサポートを提供します。
IOcrDocument OCRドキュメントオブジェクトを定義します。
IOcrDocumentManager このIOcrEngineのOCRドキュメントを管理します。
IOcrEngine LEADTOOLSでサポートをOCR機能性に提供します。
IOcrLanguageManager IOcrEngineにより用いられる文字セットの言語環境にアクセスできるようにします。
IOcrOmrOptions エンジンが現在使用しているOMR(Optical Mark Recognition)設定。
IOcrPage OCRドキュメントにおけるimageページを定義します。
IOcrPageCharacters ページの認められた文字コレクションを表します。
IOcrPageCollection OCRドキュメントのページオブジェクトを表します。
IOcrProgressData OcrProgressCallback delegateのためのデータを格納します。
IOcrSettingDescriptor 設定名、フレンドリー名、型と範囲を定義します。
IOcrSettingManager このIOcrEngineの基となるエンジンに特有の設定を管理します。
IOcrSpellCheckManager OCRエンジンのサブシステムを確認しているスペルを管理します。
IOcrTableZoneManager テーブルゾーンの中にセルを操作するのに用いられるObjectを表します。
IOcrZoneCharacters ページの内側のゾーンの認められた文字コレクション。
IOcrZoneCollection このIOcrPageでゾーンを格納します。
IOcrZoneManager いろいろなゾーンを決定することのサポートはタイプします。そして、認識モジュールと塗りつぶしメソッドがOCRエンジンでサポートされます。
構造体
 構造体説明
NativeOcrZone ユーザーにとって関心のある機能を含むページ上のネイティブゾーン四角形を表します。
OcrAutoRecognizeJobData OCR自動認識ジョブを作成するのに用いられるデータを格納します。
OcrAutoRecognizeManagerJobError IOcrAutoRecognizeManagerジョブエラーに関する情報を格納します。
OcrCellBorderDragLimit 特定のセル境界線が移動できる上下または左右方向の限界を定義します。
OcrCharacter 認められたキャラクタデータを表します。
OcrMicrData 磁気インク文字認識(MICR)データ。
OcrPageAutoPreprocessValues IOcrPage上で実行される任意の事前処理を説明するデータを保持します。
OcrStatistic 処理統計データを表します。
OcrTablePointInformation 特定のポイントのセルインデックスと、そのポイントに最も近い境界線を格納します。
OcrWord 認められたワードデータを表します。
OcrZone ユーザーにとって興味深い機能を格納しているページの上で、長方形の領域を表します。
デリゲート
 delegate説明
OcrProgressCallback OCR操作の進捗を監視します。
列挙体
 列挙体説明
NativeOcrZoneAfterRecognitionNotes ゾーンの認識後フラグ。
NativeOcrZoneFillMethod ゾーンの可能性がある内容のタイプ
NativeOcrZoneParser パーサが自動的にページレイアウト分解(自動ゾーニング)を実行するとき、使ったゾーン。
NativeOcrZoneRecognitionModule エンジンの利用できる認識モジュール。
NativeOcrZoneRecognitionOptions 制御オプションを確認しているゾーン。
NativeOcrZoneType ネイティブゾーン型。
OcrAutoPreprocessPageCommand ページ前処理コマンドを実行します
OcrAutoRecognizeManagerJobErrorMode IOcrAutoRecognizeManager.JobErrorModeプロパティのために値を定義します。
OcrAutoRecognizeManagerJobOperation IOcrAutoRecognizeManager作業。
OcrAutoRecognizeManagerJobStatus ジョブステータス。
OcrBackgroundFillStyle セル境界線の背景塗りつぶしスタイルを示します。
OcrCellBorder セル境界線場所を示します
OcrCellBorderLineStyle セル境界線の線種を示します。
OcrCharacterFontStyle 認識された文字のためにフォント属性を示します。
OcrCharacterPosition 認識キャラクタデータは、情報を配置します。
OcrCreateDocumentOptions IOcrDocumentManagerを用いたドキュメント作成時に使うオプション。
OcrDocumentFontType 最終的なドキュメントを保存する際に使用するフォント型。
OcrEngineType 利用できるOCRエンジンタイプを指定します。
OcrImageSharingMode ソースラスター画像の所有を決定するためにIOcrEngine.CreatePageで使われるオプション。
OcrOmrFrameDetectionMethod OMRは、検出モードをフレーム化します。
OcrOmrSensitivity OMR感度モード。
OcrOmrZoneState ゾーンOMR認識状態。
OcrPageType 取得するページのRasterImageの型。
OcrProgressOperation 進捗コールバック操作識別のOCR処理を行います。
OcrProgressStatus OcrProgressCallbackのステータスコントロール。
OcrSettingValueType 設定タイプを定義します。
OcrSpellCheckEngine OCRスペルチェッカーのタイプ。
OcrSupportLockedExceptionType ロックがかかってないために、どちらがエラーを引き起こしたかについて必要としているサポート(機能)の型。
OcrTextDirection ゾーンでテキストの方向を決定します。
OcrTextStyle テキストゾーンのスタイル。
OcrXmlEncoding XMLデータを保存する際に使用するエンコーディング。
OcrXmlOutputOptions IOcrDocument.SaveXml。から取得したXMLデータの形式を制御します。
OcrZoneCharacterFilters 文字の設定フィルタ。
OcrZoneType ゾーンのタイプ。
参照

参照

Leadtools.Forms.Ocrアセンブリ

Leadtools.Forms.Ocrは、認識またはDocument Imaging Suiteのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能