LEADTOOLS OCR(Leadtools.Forms.Ocrアセンブリ)

フレームを表示

AutoZoneメソッド(IOcrPageCollection)








操作の進捗を示すオプションのコールバック
事前定義指標を用いてテキストとグラフィクスゾーンを見つけるために、OCRドキュメントにおけるすべてのページの自動分解を実行します
構文
void AutoZone( 
   OcrProgressCallback callback
)
'Declaration
 
Sub AutoZone( _
   ByVal callback As OcrProgressCallback _
) 
'Usage
 
Dim instance As IOcrPageCollection
Dim callback As OcrProgressCallback
 
instance.AutoZone(callback)
void AutoZone( 
   OcrProgressCallback callback
)
- (BOOL)autoZonePages:(nullable LTOcrProgressHandler)progressHandler
                error:(NSError **)error
            
public void autoZone(OcrProgressListener callback)
function Leadtools.Forms.Ocr.IOcrPageCollection.AutoZone( 
   callback 
)
void AutoZone( 
   OcrProgressCallback^ callback
) 

パラメーター

コールバック
操作の進捗を示すオプションのコールバック
解説

自動ゾーニングと分解の詳細については、「IOcrPage.AutoZone。」を参照してください。

このメソッドはこのOCRドキュメントにおけるすべてのページを反復処理して、各々のページの上でIOcrPage.AutoZoneを実行します。

操作進捗を示すか、それを中止するために、OcrProgressCallbackを使うことができます。詳細情報とサンプルについては、「OcrProgressCallback」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますIOcrPageCollection
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

IOcrPageCollectionインターフェース
IOcrPageCollectionメンバ
IOcrPage.AutoZone
Recognize
IOcrPageCollectionインターフェース
IOcrZoneCollectionインターフェース
OcrZone構造体
LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング

Leadtools.Forms.Ocrは、認識またはDocument Imaging Suiteのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能