LEADTOOLS OCR(Leadtools.Forms.Ocrアセンブリ)

フレームを表示

SaveAsyncメソッド








最終アウトプットドキュメントを保存するLEADTOOLSストリームオブジェクト。
使う文書形式。このパラメーターがDocumentFormat.Userであるならば、使われるエンジンがネイティブ形式をサポートするならば、ドキュメントはIOcrDocumentManager.EngineFormatで設定されるネイティブエンジン形式を用いて保存しました、さもなければ、例外はスローされます。エンジン固有形式を使用してOCR結果を保存すると、エンジンが内部で保存された追加データにアクセスできるため、表やセル位置での認識結果の精度が向上する場合があります。
操作の進捗を示すオプションのコールバック
このOCRドキュメントのページに保存されている累積認識結果を最終アウトプットドキュメントに変換し、Windows実行時StorageFileオブジェクトに保存します。
構文
IAsyncAction SaveAsync( 
   ILeadStream stream,
   DocumentFormat format,
   OcrProgressCallback callback
)
'Declaration
 
Function SaveAsync( _
   ByVal stream As ILeadStream, _
   ByVal format As DocumentFormat, _
   ByVal callback As OcrProgressCallback _
) As IAsyncAction
'Usage
 
Dim instance As IOcrDocument
Dim stream As ILeadStream
Dim format As DocumentFormat
Dim callback As OcrProgressCallback
Dim value As IAsyncAction
 
value = instance.SaveAsync(stream, format, callback)
IAsyncAction SaveAsync( 
   ILeadStream stream,
   DocumentFormat format,
   OcrProgressCallback callback
)
function Leadtools.Forms.Ocr.IOcrDocument.SaveAsync( 
   stream ,
   format ,
   callback 
)
IAsyncAction^ SaveAsync( 
   ILeadStream^ stream,
   DocumentFormat format,
   OcrProgressCallback^ callback
) 

パラメーター

ストリーム
最終アウトプットドキュメントを保存するLEADTOOLSストリームオブジェクト。
形式
使う文書形式。このパラメーターがDocumentFormat.Userであるならば、使われるエンジンがネイティブ形式をサポートするならば、ドキュメントはIOcrDocumentManager.EngineFormatで設定されるネイティブエンジン形式を用いて保存しました、さもなければ、例外はスローされます。エンジン固有形式を使用してOCR結果を保存すると、エンジンが内部で保存された追加データにアクセスできるため、表やセル位置での認識結果の精度が向上する場合があります。
コールバック
操作の進捗を示すオプションのコールバック

戻り値

操作のためにIAsyncActoinオブジェクトを返します。
解説

形式で文書形式を指定して一般に使われる拡張を取得するために、DocumentWriter.GetFormatFileExtensionを使います。

このIOcrDocumentオブジェクトのページコレクションの各々のIOcrPageオブジェクトは、内部的にその認識データを保持します。このデータは、最終アウトプットドキュメントを生成するために、このメソッドにより用いられます。

IOcrEngineを用いた一般的なOCR操作はそれにページを追加する前にCreateDocumentメソッドを用いてその後新しいIOcrDocumentオブジェクトを作成しているエンジンを始動することが必要です、そして、自動であるか手動のゾーニングを実行します。一度これがされたら、認識データを集めて、ページで内部的にそれを保存するために各々のページのIOcrPage.Recognizeメソッドを使うことができます。認識データが集められたあと、XMLとして保存するためにその最終形式ならびにSaveXmlAsyncにドキュメントを保存するためにSaveAsyncを使います。

IOcrPage.GetTextメソッドを使用して、認識データを単純なStringオブジェクトとして返すこともできます。

複数の形式に必要に応じてドキュメントを保存する多くの時間として、SaveAsyncを使うことができます。文書を保存した後にIOcrPage.Recognizeメソッドを通して続行し、ページを追加して認識することもできます。

認識されない各IOcrPageの場合(ユーザーはRecognizeを呼び出しておらずページIOcrPage.IsRecognizedの値はfalseのまま)、IOcrDocumentは空のページを最終文書に挿入します。

認識された文字と信頼を含む低レベル認識データを取得するために、代わりにIOcrPage.GetRecognizedCharactersを使います。

IOcrDocumentインターフェースはIDisposableを実装します、それゆえに、それを用いて終わるとすぐに、IOcrDocumentオブジェクトを破棄しなければなりません。IOcrDocumentオブジェクトを破棄することは、そのIOcrDocument.Pagesコレクションの中に保存されるすべてのページを開放します。

操作進捗を示すか、それを中止するために、OcrProgressCallbackを使うことができます。詳細情報とサンプルについては、「OcrProgressCallback」を参照してください。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

IOcrDocumentインターフェース
IOcrDocumentメンバ
Leadtools.Forms.DocumentWriters.DocumentFormat
IOcrDocumentManagerインターフェース
IOcrDocument.Save
IOcrDocument.SaveXml
IOcrPage.Recognize
IOcrEngineインターフェース
OcrEngineManagerクラス
OcrEngineType列挙体
LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング
アプリケーションに含まれるファイル

Leadtools.Forms.Ocrは、認識またはDocument Imaging Suiteのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能