LEADTOOLS OCR(Leadtools.Forms.Ocrアセンブリ)

フレームを表示

RasterCodecsInstanceプロパティ(IOcrDocument)








このIOcrDocumentの中に使われているRasterCodecsオブジェクトのインスタンスを取得します。
構文
RasterCodecs RasterCodecsInstance {get;}
'Declaration
 
ReadOnly Property RasterCodecsInstance As RasterCodecs
'Usage
 
Dim instance As IOcrDocument
Dim value As RasterCodecs
 
value = instance.RasterCodecsInstance
RasterCodecs RasterCodecsInstance {get;}
@property (nonatomic, strong, readonly) LTRasterCodecs *rasterCodecsInstance
public RasterCodecs getRasterCodecsInstance()
get_RasterCodecsInstance(); 
property RasterCodecs^ RasterCodecsInstance {
   RasterCodecs^ get();
}

属性値

RasterCodecsは、このIOcrDocumentの中に使われて反対します。
解説

破棄するとき、オブジェクトが自動的にドキュメントによって破棄されるRasterCodecsは、呼び出されます。

新しいIOcrDocumentオブジェクトがIOcrDocumentManager.CreateDocumentを用いて作成されるとき、型RasterCodecsの新しいオブジェクトはこのIOcrEngineによって作成されて、IOcrDocument.RasterCodecsInstanceに割り当てられます。OCR文書、またはOCR文書内のオブジェクトによって内部で実行される画像のロードおよび保存操作(IOcrPageCollection.AddPage、IOcrPageCollection.AddPages、IOcrPageCollection.InsertPage、IOcrPageCollection.InsertPages、IOcrPageCollection.ExportPageとIOcrPageCollection.ExportPagesなど)はすべて、このオブジェクトを使用します。

IOcrDocument.UseEngineInstanceOptionsの値がtrueであるならば、オプションはエンジンのRasterCodecsから任意のメソッドの前のRasterCodecsがいうドキュメントへコピーされます。

このオブジェクトがどのようにそのライフタイムの間、OCRエンジンにより用いられるかの詳細については、「OCRエンジンとRasterCodecs/DocumentWriter使用法」を参照してください。

サンプル
サンプルのために、UseEngineInstanceOptions
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

IOcrDocumentインターフェース
IOcrDocumentメンバ
OcrEngineManagerクラス
OcrEngineType列挙体
UseEngineInstanceOptionsプロパティ
DocumentWriterInstanceプロパティ
IOcrEngine.RasterCodecsInstance
IOcrEngine.DocumentWriterInstance
LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング

Leadtools.Forms.Ocrは、認識またはDocument Imaging Suiteのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能