LEADTOOLS OCR(Leadtools.Forms.Ocrアセンブリ)

フレームを表示

CreateDocument(String、OcrCreateDocumentOptions)メソッド








ドキュメントファイル名。この値には、NULLを指定できます
ドキュメントがどのように作成されるか、ロードされるかについて制御するオプション。
新しいOCRファイルまたはメモリベースのドキュメントオブジェクトを作成します。
構文
'Declaration
 
Overloads Function CreateDocument( _
   ByVal documentFileName As String, _
   ByVal options As OcrCreateDocumentOptions _
) As IOcrDocument
'Usage
 
Dim instance As IOcrDocumentManager
Dim documentFileName As String
Dim options As OcrCreateDocumentOptions
Dim value As IOcrDocument
 
value = instance.CreateDocument(documentFileName, options)
- (nullable LTOcrDocument *)createDocument:(nullable NSString *)ocrDocumentFilePath
                                   options:(LTOcrCreateDocumentOptions)options 
                                     error:(NSError **)error
             
public OcrDocument createDocument(String ocrDocumentFilePath,
                                  int options)
             
function Leadtools.Forms.Ocr.IOcrDocumentManager.CreateDocument(String,OcrCreateDocumentOptions)( 
   documentFileName ,
   options 
)

パラメーター

documentFileName
ドキュメントファイル名。この値には、NULLを指定できます
オプション
ドキュメントがどのように作成されるか、ロードされるかについて制御するオプション。

戻り値

認識に参加することができるIOcrDocumentを実装していて、操作を保存しているオブジェクト。
解説

このメソッドは、ファイルまたはメモリベースのOCRドキュメントを作成することもできるか、以下のようにdocumentFileNameオプションの値に基づく以前に作成されたファイルベースのドキュメントをロードすることもできます:

オプションOcrCreateDocumentOptions.InMemoryを渡して、メモリベースのドキュメントを作成するために。documentFileNameが使われません、そして、エンジンはドキュメントデータを保存するためにディスクファイルを使用しません。

それがそうでないだろうファイルベースのドキュメントを作成するために、再利用されて、オプションdocumentFileNameOcrCreateDocumentOptions.AutoDeleteFilenullを渡します。この場合、エンジンは文書ファイルのためのストアとしての使い方に、ディスク上で一時ファイルを作成します。IOcrDocumentが破棄されるとき、ファイルはアンインストール済みです。使うNote独自の、OcrCreateDocumentOptions.AutoDeleteFileとともにdocumentFileNameで名前をファイルします、破棄されるときそれが存在して、自動的にそれを削除するならば、エンジンはこのファイルに上書きします。

再利用されるファイルベースのドキュメントを作成するために、オプションdocumentFileNameOcrCreateDocumentOptions.Noneにファイル名を渡します。この場合、IOcrDocumentが破棄されるときそれが存在するが、それを削除しないならば、エンジンはこのファイルに上書きします。

1つ前のオプションで作成されたドキュメントをリロードするために、オプションdocumentFileNameOcrCreateDocumentOptions.LoadExistingに同じファイル名を渡します。この場合、エンジンは、ファイルで見つけられるデータから、ドキュメントを再生させます。

ファイルベースのドキュメントにより用いられるディスクファイルの名前を取得するために、ドキュメントがメモリであるか、ファイルベースかどうか調べるIOcrDocument.IsInMemoryIOcrDocument.FileNameを使います。これは、documentFileNameまたは作成されるテンポラリファイルの名前に渡される同じ値に設定されます。

メモリとファイルベースのドキュメントの詳細については、「LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング」を参照してください。

IOcrEngineを用いた一般的なOCR操作は動き出して、それからそれにその後ページを追加しているCreateDocumentメソッドを用いてOCRドキュメントを作成することが必要です、そして、自動であるか手動のゾーニングを実行します。一度これがされたら、IOcrPage.Recognizeは認識データを集めて、それをページで内部的に保存しておくために各々のページの上で呼び出されます。認識データが集められたあと、その最終形式にドキュメントを保存するためにいろいろなIOcrDocument.SaveまたはIOcrDocument.SaveXmlメソッドを使います。

このメソッドによって作成されるIOcrDocumentオブジェクトを用いてされるとき、その資源を開放するためにできるだけ早くそれを破棄しなければなりません。IOcrDocumentオブジェクトを破棄することは、そのIOcrDocument.Pagesコレクションの中に保存されるすべてのページを開放します。

サンプル

サンプルのために、参照しますStartup

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

IOcrDocumentManagerインターフェース
IOcrDocumentManagerメンバ
オーバーロードリスト
IOcrPage.Recognize
IOcrDocumentインターフェース
IOcrDocument.Save
IOcrDocument.SaveXml
IOcrEngineインターフェース
OcrEngineManagerクラス
OcrEngineType列挙体
LEADTOOLS .NET OCRによるプログラミング

Leadtools.Forms.Ocrは、認識またはDocument Imaging Suiteのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能