LEADTOOLSフォーム(Leadtools.Forms.Recognitionアセンブリ)

フレームを表示

SetDataメソッド






エンコードされた属性を格納しているバイトの配列。
エンコードされた属性を格納しているバイトの配列を設定します。
構文
public void SetData( 
   byte[] data
)
'Declaration
 
Public Sub SetData( _
   ByVal data() As Byte _
) 
'Usage
 
Dim instance As FormRecognitionAttributes
Dim data() As Byte
 
instance.SetData(data)

            

            
public:
void SetData( 
   array<byte>^ data
) 

パラメーター

データ
エンコードされた属性を格納しているバイトの配列。
解説
フォームのためにMasterフォームまたはFormRecognitionEngine.CreateFormのためにFormRecognitionEngine.CreateMasterFormによって生成されるフォーム属性は、FormRecognitionEngine.ObjectsManagersで指定されているフォームの属性を持っています。

フォームの属性の編集を開始するには、マスターフォームにはOpenMasterFormを、フォームにはOpenFormを使用して開かなければなりません。または、マスターフォームにはFormRecognitionEngine.CreateMasterFormを、フォームにはFormRecognitionEngine.CreateFormを使用して作成します。

フォーム属性データは、マスターフォームにはFormRecognitionEngine.CloseMasterFormを、フォームにはFormRecognitionEngine.CloseFormを使用して、属性が閉じたときのページの追加や削除等、フォーム属性に対する変更で更新されます。

フォーム属性の修正が終わったら、閉じて変更を反映します。

SetDataは、ロードした属性データを設定するために役に立ちます。

サンプル
Copy Code  
Imports Leadtools.Forms
Imports Leadtools.Forms.Recognition
Imports Leadtools.Codecs

''' This method loads the specified master form attributes.
Public Function LoadMasterFormAttributes(attributesFileName As String) As FormRecognitionAttributes
   Dim formData As Byte()
   formData = File.ReadAllBytes(attributesFileName)
   Dim attributes As New FormRecognitionAttributes()
   attributes.SetData(formData)
   Return attributes
End Function
using Leadtools.Forms;
using Leadtools.Forms.Recognition;
using Leadtools.Codecs;

/// This method loads the specified master form attributes.
public FormRecognitionAttributes LoadMasterFormAttributes(string attributesFileName)
{
   byte[] formData;
   formData = File.ReadAllBytes(attributesFileName);
   FormRecognitionAttributes attributes = new FormRecognitionAttributes();
   attributes.SetData(formData);
   return attributes;
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

FormRecognitionAttributesクラス
FormRecognitionAttributesメンバ

Leadtools.Formsは、フォームモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。Imaging Pro/Document/Medicalの機能