LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

WebClientプロパティ(LoadDocumentOptions)






リモートURLからデータをダウンロードまたはアップロードする場合に使用する.NET WebClientオブジェクト。
構文
public WebClient WebClient {get; set;}
'Declaration
 
Public Property WebClient As WebClient
'Usage
 
Dim instance As LoadDocumentOptions
Dim value As WebClient
 
instance.WebClient = value
 
value = instance.WebClient
public IURIConnecter getURIConnecter()
public void setURIConnecter(IURIConnecter value)
            
public:
property WebClient^ WebClient {
   WebClient^ get();
   void set (    WebClient^ value);
}

属性値

リモートURLからデータをダウンロードまたはアップロードする場合に使用する.NET WebClientオブジェクト。デフォルト値は、nullです。
解説

LEADTOOLSは、リモートURLからデータをダウンロードするか、アップロードするとき、WebClientオブジェクトを使います。このオブジェクトは、資格情報とプロキシ設定を処理するために、多くのオプションを格納します。この値がnullであるならば、LEADTOOLSは省略時のオプションで新しいWebClientオブジェクトを作成して、操作とその時の間のそれがそれを破棄することを使います。

操作で資格情報とプロキシのためのカスタム設定が必要になった場合、またはデバッグおよびロギングのためにWebClientイベントにサブスクライブする場合、自身のオブジェクトを作成してこのプロパティに設定することができます。LEADTOOLSは、新しいものを作成する代わりに、このインスタンスをその後使います。このモードでは、不要になったらオブジェクトはユーザーが破棄します。

詳細のためのLeadtools.Documentsを用いたドキュメントのロードを参照してください

サンプル

サンプルのために、言及しますDocumentFactory.LoadFromFile、またはDocumentFactory.LoadFromUri

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

LoadDocumentOptionsクラス
LoadDocumentOptionsメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能