LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

MayHaveDifferentPageSizesプロパティ






ドキュメントがそうするかもしれないローダーへのヒントは、様々なサイズでページを格納します。
構文
public bool MayHaveDifferentPageSizes {get; set;}
'Declaration
 
Public Property MayHaveDifferentPageSizes As Boolean
'Usage
 
Dim instance As LoadDocumentOptions
Dim value As Boolean
 
instance.MayHaveDifferentPageSizes = value
 
value = instance.MayHaveDifferentPageSizes
public boolean getMayHaveDifferentPageSizes()
public void setMayHaveDifferentPageSizes(boolean value)
            
public:
property bool MayHaveDifferentPageSizes {
   bool get();
   void set (    bool value);
}

属性値

そうでない場合、ドキュメントが様々なサイズでページを格納するならば、true;false。デフォルト値は、falseです。
解説

ドキュメントファクトリーは、値Documentオブジェクトを作成して、できるだけ速くユーザーにそれを返そうとします。ロード操作の間、Document.Pagesコレクションは、ページサイズと解像度で初期化されなければならないDocumentPageインスタンスを格納している各々のメンバで初期化されます。デフォルトで、ファクトリーはドキュメントにおける最初のページを解析して、サイズと解像度を得て、それから、同じ値をすべてのページに再生利用します。これにより、ロードプロセスを高速化し、できる限り速くユーザーに制御を返します。

様々なサイズによるページがあるTIF、Microsoft Office形式とPDFのサポートなどの若干の文書形式。まれに、上記のアプローチを採用すると間違ったサイズでページが作成されることがあります(最初のページと同じサイズ)。ページのサイズが間違っていてもイメージまたはSVGデータの生成に影響はありませんが、テキストを解析する場合やアノテーションを使用する場合など別のシナリオで求められる場合があります。様々なページサイズを格納するドキュメントを持っているならば、MayHaveDifferentPageSizesの値をtrueに設定することが推奨されます。ファクトリーは、より遅いロード操作に終わるかもしれないサイズと解像度情報を個々に各々のページのためにその後取得します。

サンプル

サンプルのために、言及しますDocumentFactory.LoadFromFile、またはDocumentFactory.LoadFromUri

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

LoadDocumentOptionsクラス
LoadDocumentOptionsメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能