LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

Completedイベント






ファクトリーが正常に、または、そうでない場合ドキュメントをロードするを完了するとき、発生するイベント。
構文
'Declaration
 
Public Event Completed As EventHandler(Of LoadAsyncCompletedEventArgs)
'Usage
 
Dim instance As LoadDocumentAsyncOptions
Dim handler As EventHandler(Of LoadAsyncCompletedEventArgs)
 
AddHandler instance.Completed, handler
イベントデータ

イベントハンドラは、このイベントに関連するデータを格納するタイプLoadAsyncCompletedEventArgsの引数を受け取ります。以下のLoadAsyncCompletedEventArgsプロパティは、このイベントに特有の情報を提供します。

プロパティ説明
Cancelled (Inherited from System.ComponentModel.AsyncCompletedEventArgs)非同期動作がキャンセルされたかどうか示している値を取得します。
Document ロードしたドキュメントオブジェクト。
Error (Inherited from System.ComponentModel.AsyncCompletedEventArgs)どのエラーが非同期動作の間、発生したかについて示している値を取得します。
Uri ロードされたドキュメントの位置。
UserState (Inherited from System.ComponentModel.AsyncCompletedEventArgs)非同期タスクの固有識別子を取得します。
解説

Completedは、ファクトリーで文書のロードを成功または不成功で完了すると発生します。それは、以下で値を入力されるLoadAsyncCompletedEventArgsイベントデータクラスを使用します:

メンバ
キャンセルされます

ユーザーが現在の操作を中止した場合はtrue。そうでない場合はfalse。

UserState

LoadDocumentAsyncOptions.UserState。内でユーザーがもともと設定した値と同じ値。

エラー

スローされたエラー(エラーがスローされた場合)。

ウーリ

ロードされたドキュメントの位置。これは、LoadFromUriAsyncに渡されるuri値です

ドキュメント

ロード操作が成功した場合は結果Documentオブジェクト。そうでない場合はnull。

サンプル

サンプルのために、参照しますDocumentFactory.LoadFromUriAsync

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

LoadDocumentAsyncOptionsクラス
LoadDocumentAsyncOptionsメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能