LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

GetDocumentFileNameメソッド






オリジナルドキュメントを保持しているファイルへのパス。
構文
public string GetDocumentFileName()
'Declaration
 
Public Function GetDocumentFileName() As String
'Usage
 
Dim instance As Document
Dim value As String
 
value = instance.GetDocumentFileName()
public String getDocumentFileName()
            
public:
String^ GetDocumentFileName(); 

戻り値

オリジナルドキュメントを保持しているファイルへのパス。
解説

ドキュメントがDocumentFactory.LoadFromUriまたはDocumentFactory.LoadFromUriAsyncを用いて作成されるとき、それが使われるか、そうでない場合システムの上の一時ファイルであるならば、フレームワークはオリジナルファイルをダウンロードして、キャッシュでそれを保存します。これらの場合、IsDownloadedの値はtrueでしょう、そして、GetDocumentFileNameはこのファイル(直接キャッシュまたは作成される一時的なものの)にパスを返します。ウーリは、ドキュメントをダウンロードするのに用いられるオリジナルファイルまたはURLをポイントします。

ドキュメントがDocumentFactory.LoadFromFileを用いて作成されるならば、フレームワークはオリジナルファイルをダウンロードしません、代わりに、現状のままそれを使います。この場合、IsDownloadedの値はfalseであるでしょう、そして、GetDocumentFileNameはドキュメントをロードするのに用いられるオリジナルファイルにパスを返します。ウーリは、この状況のGetDocumentFileNameと同じ値を返します。

ドキュメントがDocumentFactory.LoadFromStreamを用いて作成されるならば、フレームワークはオリジナルファイルをダウンロードしません、代わりに、現状のままStreamを使います。この場合、IsDownloadedの値はfalseであるでしょう、そして、GetDocumentFileNameウーリは同様にnullを返します。ドキュメントがその後キャッシュに保存されて、リロードされる(SaveToCacheDocumentFactory.LoadFromCacheを使う)ならば、それがファイルからロードされたので、ドキュメントは扱われます。

詳細については、「LEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したロード」を参照してください。

サンプル

サンプルのために、参照しますDocument

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Documentクラス
ドキュメントメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能