LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

AutoDeleteFromCacheプロパティ






それが破棄されるとき、キャッシュからこのドキュメントに属しているすべてのエントリを削除するべきかどうか示します。
構文
public bool AutoDeleteFromCache {get; set;}
'Declaration
 
Public Property AutoDeleteFromCache As Boolean
'Usage
 
Dim instance As Document
Dim value As Boolean
 
instance.AutoDeleteFromCache = value
 
value = instance.AutoDeleteFromCache
public boolean getAutoDeleteFromCache()
public void setAutoDeleteFromCache(boolean value)
            
public:
property bool AutoDeleteFromCache {
   bool get();
   void set (    bool value);
}

属性値

そうでない場合、それが破棄されるとき、キャッシュからこのドキュメントに属しているすべてのエントリを削除するためにtrue;false。デフォルト値は、falseです。
解説

ドキュメントは、かなりの頁数と巨大なデータ量を格納することができます。実メモリーでこのようなデータを保存することは、大部分の状況で可能でありません。したがって、Documentクラスは、変更されたものを保存するために外部のキャッシュシステムを使うように設計されていました。詳細については、「DocumentFactory.Cache」を参照してください。

HasCacheは、この文書にキャッシュシステムが使われているかどうかを判断します。SaveToCacheは、文書をキャッシュに保存し、DocumentFactory.LoadFromCache。を使って再ロードするために使用できます。

キャッシュを使って文書の処理を速くし、オブジェクトは破棄後使用されない場合はAutoDeleteFromCacheをTrueに設定します。

AutoDeleteFromCacheアプリケーションがドキュメントを破棄する前に文書IDを保存するならばfalseに、それを使いますをDocumentFactory.LoadFromCacheを用いてドキュメントをリロードします。に設定します。

文書をキャッシュに保存するには、SaveToCacheを使うか、文書を破棄する前にAutoSaveToCacheの値をTrueに設定します。

サンプル

サンプルのために、参照しますDocumentId

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Documentクラス
ドキュメントメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能