LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

DocumentStructureクラス






メンバ 
ドキュメントの構造体を管理します。
オブジェクトモデル
構文
[DataContractAttribute()]
public class DocumentStructure 
'Declaration
 
<DataContractAttribute()>
Public Class DocumentStructure 
'Usage
 
Dim instance As DocumentStructure
public class DocumentStructure implements Serializable
            
[DataContractAttribute()]
public ref class DocumentStructure 
解説

DocumentStructureは、ドキュメントの構造体を管理します。これは、目次を表すブックマークを含みます。それは、ドキュメント構造体プロパティを通してアクセスされることができます。

すべてのドキュメントタイプが、文書構造のサポートを格納するというわけではありません。この種のドキュメント(TIFファイルまたはテキストドキュメントなどの)のために、ドキュメントIsStructureSupportedの値はfalseであるでしょう、そして、構造体nullで、使われるべきでありません。このセクションのそのほかの部分は、IsStructureSupportedがTrueである場合に関するものです。

構造体がサポートされるとき(PDF文書等)、IsStructureSupportedの値はTrueです。Structureは有効なオブジェクトであり使用できます。

文書構造をロードするには時間がかかります。このため、新しい文書がディスクやURL文書から作成される場合は自動で読み取ることはありません。この操作は、文書をできるだけ速くロードし、アプリケーションのにブックマークや目次が必要ない場合にユーザーを待たせることがないように行います。

ブックマークと目次のためにドキュメントを解析するために、ParseBookmarksの値がtrue(デフォルト値)である間、解析メソッドを使います。通常、ドキュメントがロードされたあと、かつてこのメソッドを呼び出すことができます。IsParsedプロパティは、構造体が解析されたかどうか調べるのに用いられることができます。

解析が呼び出されない、または、ParseBookmarksの値がfalseであるならば、ブックマークは空のリストです。これが保存するための準備でDocumentFactory.Createから得られた真新しいドキュメントであるならば、ブックマークを追加するためにそれを使うことができます。

解析が呼び出される、そして、ParseBookmarkstrue(デフォルト値)であるとき、ブックマークリストはオリジナルドキュメントで見つけられるすべてのブックマークと目次項目で更新されます。必要ならばこれらのブックマークをその後読むことができて、修正することができます。ParseBookmarksの値がfalseに設定されるならば、解析はドキュメントでブックマークを解析しようとしません。

Parseは、ParsePageLinksの値がTrue(デフォルト値)である場合にページ内に見つかった任意のリンクの文書も解析します。これらのリンクは、DocumentPage.GetLinksメソッドを通して取得できます。ParsePageLinksの値がfalseに設定されるならば、解析はページで見つけられるリンクを解析しようとしません。

ユーザーがどちらか一方に興味を持っていないならば、ParseBookmarksまたはParsePageLinksfalseに設定することは解析メソッドの速度を上げることを手伝うことができます。

サンプル

サンプルのために、参照しますDocument

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DocumentStructureメンバ
Leadtools.Documents名前空間

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能