LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

SetSvgBackImageメソッド






このページの用途への新しいSVG背景画像。この値には、NULLを指定できます
このページのためにSVG背景画像を置換します。
構文
public void SetSvgBackImage( 
   RasterImage image
)
'Declaration
 
Public Sub SetSvgBackImage( _
   ByVal image As RasterImage _
) 
'Usage
 
Dim instance As DocumentPage
Dim image As RasterImage
 
instance.SetSvgBackImage(image)
public void setSvgBackImage(RasterImage image)
            
public:
void SetSvgBackImage( 
   RasterImage^ image
) 

パラメーター

image
このページの用途への新しいSVG背景画像。この値には、NULLを指定できます
解説

GetSvgBackImageは、これのためのSVGドキュメントの画像要素だけがページをつける封じ込めを表すラスター画像を取得するのに用いられます。すべてのドキュメントタイプがこのメソッドをサポートするというわけではありません、これはDocumentImages.IsSvgSupportedの値に依存します。

SetSvgBackImageは、ページのSVG背景画像を置換するのに用いられます。IsSvgBackImageModifiedは、ユーザーがこのページのSVG背景画像を置換したことを示すフラグとして使われます。

このメソッドは以下のように機能します(「項目」は、ユーザーによって渡されるラスター画像です):

  1. このドキュメントがSVG(DocumentImages.IsSvgSupportedの値はfalseです)をサポートしないならば、例外はスローされます。

  2. このメソッドは、そうでない場合、オーナー文書がキャッシュシステム(Document.HasCachetrueです)を使うことを義務づけます;例外はスローされます。

  3. ドキュメントIsReadOnlyプロパティの値がtrueであるならば、ユーザーはこのドキュメントを修正することができません、そして、例外はスローされます。

  4. このページのために以前に保存されるSVG背景imageは、キャッシュから消去されます。

  5. imageは、RasterImageをシリアル化することによって、キャッシュに追加されますオブジェクト。オリジナルのオブジェクトは破棄されないで、まだユーザーによって所有されます。imagenullであるならば、「無効な」項目はキャッシュに追加されます。

GetSvgBackImageは最初にキャッシュを確認します、それゆえに、以降の呼び出しはこのメソッドによって設定される値を返します。

このメソッドが返した後、IsSvgBackImageModifiedの値trueに設定されます。

詳細については、「LEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したロード」を参照してください。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DocumentPageクラス
DocumentPageメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能