LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

GetImage()メソッド






ラスター画像としてこのページを取得します。
構文
public RasterImage GetImage()
'Declaration
 
Public Overloads Function GetImage() As RasterImage
'Usage
 
Dim instance As DocumentPage
Dim value As RasterImage
 
value = instance.GetImage()
public RasterImage getImage()
            
public:
RasterImage^ GetImage(); 

戻り値

RasterImageとしてのこのページオブジェクト。
解説

GetImageGetImage(解像度)は、このページのラスター画像表現を取得するのに用いられます。すべてのドキュメントタイプはこのメソッドをサポートし、常に値オブジェクトを返します。

SetImageは、ページのラスター画像を置換するのに用いられます。IsImageModifiedは、ユーザーがこのページのimageを置換したことを示すフラグとして使われます。

このメソッドは以下のように機能します(「項目」は、指定された解像度によるラスター画像です):

  1. 項目がキャッシュで見つけられるならば、それはすぐに返されます。ドキュメントがキャッシュシステムを用いて作成されるならば、これは利用できます。そして、Document.CacheOptionsDocumentCacheOptions.PageImageを格納します。

  2. これがソース文書ファイル(OriginalPageNumberの値は-1でありません)のオリジナルページであるならば、RasterCodecsはオリジナルページからRasterImageオブジェクトをロードするのに用いられます。

  3. これがソース文書ファイル(OriginalPageNumberの値は1でありません)のオリジナルページでないならば、新しいRasterImageオブジェクトはDocumentImagesでページサイズと解像度とデフォルト値に基づいて作成されます。

  4. このドキュメントがキャッシュシステム(Document.HasCachetrueです)を使うならば、それが返される前に、RasterImageオブジェクトはキャッシュに保存されます。次にこのメソッドが呼び出される時に、imageはファイルからそれをロードするか、新しいインスタンスを作成することなく直接キャッシュから返されます。

SetImageが以前に画像パラメータのために無効なオブジェクトで呼び出されていた場合、このメソッドもnullを返すのでご注意ください。

全ての場合において、返されたRasterImageオブジェクトはこのドキュメントにより用いられません、それが使われたあと、ユーザーはRasterImage.Disposeを用いてそれを削除する役割を果たします。

このドキュメントタイプが任意の解像度でラスター画像のロードをサポートする場合(DocumentImages.IsResolutionsSupportedの値がtrue)、このメソッドは現在のページの解像度値を使って画像を返します。

ImageScaleの値が1より大きければ、生成されるラスター画像のサイズはサイズ/ImageScaleに等しくなります。

LEADTOOLSドキュメントビューワは、ビューモードが「ラスター画像」であるとき、このメソッドを使用してそのページ用にラスター画像を取得します。

LEADTOOLSドキュメントコンバータは、OCRを用いて変換するとき、または、必要ならばページのオーバレイimageを追加するとき、ページのためにラスター画像を得るために、このメソッドを使います。

詳細については、「LEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したロード」を参照してください。

サンプル

サンプルのために、参照しますDocumentPage

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DocumentPageクラス
DocumentPageメンバ
オーバーロードリスト

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能