LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

LoadFromUriAsyncメソッド






オリジナルドキュメントデータを格納しているURLへのパス。この値はNullにはできません
ドキュメントをロードする際に使うオプション。この値はNullにはできません
非同期でドキュメントをリモートURLで保存される既存のデータからロードします。
構文
public static void LoadFromUriAsync( 
   Uri uri,
   LoadDocumentAsyncOptions options
)
'Declaration
 
Public Shared Sub LoadFromUriAsync( _
   ByVal uri As Uri, _
   ByVal options As LoadDocumentAsyncOptions _
) 
'Usage
 
Dim uri As Uri
Dim options As LoadDocumentAsyncOptions
 
DocumentFactory.LoadFromUriAsync(uri, options)
public:
static void LoadFromUriAsync( 
   Uri^ uri,
   LoadDocumentAsyncOptions^ options
) 

パラメーター

uri
オリジナルドキュメントデータを格納しているURLへのパス。この値はNullにはできません
オプション
ドキュメントをロードする際に使うオプション。この値はNullにはできません
解説

特定のオプションが使われるならばLoadDocumentOptions.Cacheキャッシュも有効なキャッシュオブジェクトによるセットアップでないならば、このメソッドはキャッシュを使うかもしれなくて、例外をスローします。

LoadFromUriAsyncは別のスレッドで文書のロードを開始し、直ちにユーザーに制御を返します。LoadDocumentAsyncOptionsクラスは、ロードの進捗を追跡し、操作が完了すると通知するために使用できる進捗と完了されたイベントを格納します。

uriがそうすることができるNoteは、HTTP、HTTPS、FTPまたはディスクファイル(ファイルプロトコルを使う)で保存されるドキュメントをポイントします。

LoadFromFileLoadFromUriLoadFromUriAsyncLoadFromStreamは、ディスクファイル、リモートURLまたはストリームで保存される任意のサポートされたimageまたはドキュメントファイルフォーマットからDocumentクラスを作成します。返されたオブジェクトは、任意のページをimageまたはSVGとして取得し、SVGまたはOCRを使ってテキストを取得し、アノテーションまたはリンクとブックマークなどの文書構造を使用できます。

文書の獲得後、InternalObjectはドキュメントで使用される内部のLEADTOOLSオブジェクトとなります。

このメソッドを使う方法の詳細についてはLEADTOOLSドキュメントライブラリを使用したロードと使われるいろいろなオプションを参照してください

サンプル
Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.Forms.DocumentWriters
Imports Leadtools.Svg
Imports Leadtools.Documents
Imports Leadtools.Caching
Imports Leadtools.Annotations.Core
Imports Leadtools.Barcode
Imports Leadtools.Forms.Ocr

<TestMethod()> _
Public Sub DocumentFactoryLoadFromUriAsyncExample()
   Dim finished As AutoResetEvent = Nothing
   Dim completed As EventHandler(Of LoadAsyncCompletedEventArgs) = Nothing
   completed =
      Sub(sender, e)
      'Assert((int)e.UserState == 1);

      If e.Cancelled Then
         Console.WriteLine("Canceled")
      End If
      If Not e.Error Is Nothing Then
         Console.WriteLine("Error:" & e.Error.Message)
      End If
      If e.Document Is Nothing Then
         Console.WriteLine("Document is null")
      End If

      Dim thisOptions As LoadDocumentAsyncOptions = TryCast(sender, LoadDocumentAsyncOptions)
      RemoveHandler thisOptions.Completed, completed

      If Not e.Document Is Nothing Then
         PrintOutDocumentInfo(e.Document)
      End If

      finished.Set()
      Console.WriteLine("Done")
   End Sub

   Dim options As New LoadDocumentAsyncOptions()
   options.UseCache = False
   AddHandler options.Completed, completed

   finished = New AutoResetEvent(False)
   DocumentFactory.LoadFromUriAsync(New Uri("http://localhost/Leadtools.pdf"), options)
   finished.WaitOne()
End Sub
using Leadtools;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Forms.DocumentWriters;
using Leadtools.Svg;
using Leadtools.Documents;
using Leadtools.Caching;
using Leadtools.Annotations.Core;
using Leadtools.Forms.Ocr;
using Leadtools.Barcode;

[TestMethod]
public void DocumentFactoryLoadFromUriAsyncExample()
{
   AutoResetEvent finished = null;
   EventHandler<LoadAsyncCompletedEventArgs> completed = null;
   completed = (sender, e) =>
   {
      //Assert((int)e.UserState == 1);

      if (e.Cancelled)
         Console.WriteLine("Canceled");
      if (e.Error != null)
         Console.WriteLine("Error:" + e.Error.Message);
      if (e.Document == null)
         Console.WriteLine("Document is null");

      var thisOptions = sender as LoadDocumentAsyncOptions;
      thisOptions.Completed -= completed;

      if (e.Document != null)
      {
         PrintOutDocumentInfo(e.Document);
      }

      finished.Set();
      Console.WriteLine("Done");
   };

   var options = new LoadDocumentAsyncOptions();
   options.UseCache = false;
   options.Completed += completed;

   finished = new AutoResetEvent(false);
   DocumentFactory.LoadFromUriAsync(new Uri("http://localhost/Leadtools.pdf"), options);
   finished.WaitOne();
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DocumentFactoryクラス
DocumentFactoryメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能