LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

LoadFromCache(ObjectCache、String)メソッド






使うキャッシュオブジェクト。この値はNullにはできません
ドキュメント識別子。この値はNullにはできません
以前に保存されたドキュメントを指定されたキャッシュからロードします。
構文
public static Document LoadFromCache( 
   ObjectCache cache,
   string documentId
)
'Declaration
 
Public Overloads Shared Function LoadFromCache( _
   ByVal cache As ObjectCache, _
   ByVal documentId As String _
) As Document
'Usage
 
Dim cache As ObjectCache
Dim documentId As String
Dim value As Document
 
value = DocumentFactory.LoadFromCache(cache, documentId)
public static Document loadFromCache(ObjectCache cache, String documentId)
            
public:
static Document^ LoadFromCache( 
   ObjectCache^ cache,
   String^ documentId
) 

パラメーター

キャッシュ
使うキャッシュオブジェクト。この値はNullにはできません
documentId
ドキュメント識別子。この値はNullにはできません

戻り値

そうでない場合、キャッシュで見つかるならば、ドキュメントオブジェクト;null
解説

SaveToCacheでキャッシュで以前に保存されるドキュメントをロードするために、このメソッドを使います。文書は再ロードされ、保存時とまったく同じように値が入力されます。元々はLoadFromFileを使用して文書が作成されていた場合、元のファイルが存在しアクセス可能でなければなりません。文書が元々はLoadFromUriLoadFromUriAsyncまたは作成しますを使用して作成された場合、ライブラリにより元のファイルがキャッシュにコピーされ使われなくなります。文書は、元のファイルが削除されていても再構築できます。このドキュメントが当初LoadFromStreamを用いて作成されるならば、ストリームで保存されるデータはSaveToCacheの間、キャッシュに保存されました、そして、ストリームがもはや使われません、そして、まるでそれが外部のURIからダウンロードされるように、このドキュメントをロードすることは同様に行います。

文書はキャッシュ内にあるが有効期限が切れていて消去される場合はNULLが返されます。

文書をアプリケーション内のセッション間に再利用する場合は、キャッシュに保存してそこからロードする方が便利です。キャッシュに保存して廃棄した後、文書を保存して再構築する場合に必要なのは、ドキュメント識別子(documentId)のみです。このIDはデータベースで保存されることができるか、LEADTOOLSドキュメントウェブサービスの場合のようにクライアント側に渡されることができます。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DocumentFactoryクラス
DocumentFactoryメンバ
オーバーロードリスト

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能