LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

Cacheプロパティ(DocumentFactory)






キャッシュ項目と有効期限方針を管理するLEADTOOLSファイルキャッシュオブジェクト
構文
public static FileCache Cache {get; set;}
'Declaration
 
Public Shared Property Cache As FileCache
'Usage
 
Dim value As FileCache
 
DocumentFactory.Cache = value
 
value = DocumentFactory.Cache
public static ObjectCache getCache()
public void sbjectCache getCache(static value)
            
public:
static property FileCache^ Cache {
   FileCache^ get();
   void set (    FileCache^ value);
}

属性値

キャッシュ項目と有効期限方針を管理するキャッシュオブジェクトデフォルト値は、nullです。
解説

ドキュメントクラスライブラリの大部分は、キャッシュシステムの使用を必要とします。これには、書き込みサポートのほぼすべてが含まれます。ドキュメントは、かなりの頁数と巨大なデータ量を格納することができます。実メモリーでこのようなデータを保存することは、大部分の状況で可能でありません。したがって、ドキュメントライブラリは、ドキュメントの変更された部分を保存するために外部のキャッシュシステムを使うように設計されていました。

大きな意志を使用しても、imageまたはテキストなどのページデータを取得するとき、パフォーマンスを増やします。結果はディスク上で物理ファイルから一度解析されて、処理されて、それから、キャッシュで保存されます。その後、同じデータを呼び出すときには、それ以外の処理を行わなくてもキャッシュから取り出せるようになります。

LEADTOOLSドキュメントウェブサービスは、キャッシュの使用を必要とします。ウェブメソッドは本来、セッションがなくキャッシュがサポートされています。サービスではSaveToCacheとLoadFromCacheを使って呼び出し間で文書の状態を保存/ロードします。セッション状態は必要ありません。

ほとんどすべての場合において、キャッシュオブジェクトは初期化され、アプリケーションの開始時にCacheに設定されます。その後、触れられることはありません。DocumentFactory文書クラスは、キャッシュが必要とするすべてのために、このグローバルな値を使います。

FileCacheオブジェクトの上の設定は、簡単です。必要とされる唯一の入力は、キャッシュ項目が保存されるディスクまたはネットワーク共有の上のディレクトリへのパスです。

通常、キャッシュがアプリケーションの型に従い、2つの方向で使われます:

サンプル

サンプルのために、参照します DocumentFactory

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DocumentFactoryクラス
DocumentFactoryメンバ

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能