LEADTOOLS Leadtools.Documents(Leadtools.Documentsアセンブリ)

フレームを表示

DocumentCacheOptions列挙体






ドキュメントのどの追加の部分がキャッシュで保存されるか決定します。
構文
[FlagsAttribute()]
[DataContractAttribute()]
[SerializableAttribute()]
public enum DocumentCacheOptions : System.Enum 
'Declaration
 
<FlagsAttribute()>
<DataContractAttribute()>
<SerializableAttribute()>
Public Enum DocumentCacheOptions 
   Inherits System.Enum
'Usage
 
Dim instance As DocumentCacheOptions
public enum DocumentCacheOptions
            
[FlagsAttribute()]
[DataContractAttribute()]
[SerializableAttribute()]
public enum class DocumentCacheOptions : public System.Enum 
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000None ドキュメントの別料金パーツなしは、キャッシュに格納されます。キャッシュからドキュメントとそのページを再建するために必要であることだけ。
0 x 00000001PageImage DocumentPage.GetImageへの呼び出しは、キャッシュで結果を保存しようとして、以降の呼び出しを中で再利用しました。
0 x 00000002PageSvg DocumentPage.GetSvgへの呼び出しは、キャッシュで結果を保存しようとして、以降の呼び出しを中で再利用しました。
0 x 00000004PageSvgBackImage DocumentPage.GetSvgBackImageへの呼び出しは、キャッシュで結果を保存しようとして、以降の呼び出しを中で再利用しました。
0 x 00000008PageThumbnailImage DocumentPage.GetThumbnailImageへの呼び出しは、キャッシュで結果を保存しようとして、以降の呼び出しを中で再利用しました。
0 x 00000010PageText DocumentPage.GetTextへの呼び出しは、キャッシュで結果を保存しようとして、以降の呼び出しを中で再利用しました。
0 x 00000020PageAnnotations DocumentPage.GetAnnotationsへの呼び出しは、キャッシュで結果を保存しようとして、以降の呼び出しを中で再利用しました。
0 x 0000003FAll すべての結果は、以降の呼び出しでキャッシュに格納されて、再利用されます。
解説

LoadDocumentOptions.CacheOptionsの型とドキュメントのどの追加の部分が保存されるか決定するDocument.CacheOptionsがキャッシュに格納したので、DocumentCacheOptionsが使われます。

DocumentCacheOptions.None(デフォルト)の値はキャッシュからドキュメントとそのページを再建するために必要な必要なデータだけを保存するつもりです(たとえば、そのとき、DocumentFactory.LoadFromCacheは呼び出されます。

他の値は、以降の呼び出しの速度を上げるためにキャッシュにページ画像、SVG、テキストとアノテーションを取得する結果を保存しようとします。

継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Documents.DocumentCacheOptions

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Documents名前空間

   Leadtools.Documentsは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能