LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

LoadSvgAsync(ウーリ、Int32、CodecsLoadSvgOptions、Object)メソッド








入力イメージデータを格納しているウーリ
1から始まるページ番号。
SVGをロードするために使われるオプション。これは、nullでありえます。
非同期操作の完了時に呼び出されるメソッドに渡されるユーザー定義オブジェクト。
image、ドキュメントまたはベクトルファイルを含むURIからのページを非同期でSVGとしてロードします。
構文
'Declaration
 
Public Overloads Sub LoadSvgAsync( _
   ByVal uri As Uri, _
   ByVal pageNumber As Integer, _
   ByVal options As CodecsLoadSvgOptions, _
   ByVal userState As Object _
) 
'Usage
 
Dim instance As RasterCodecs
Dim uri As Uri
Dim pageNumber As Integer
Dim options As CodecsLoadSvgOptions
Dim userState As Object
 
instance.LoadSvgAsync(uri, pageNumber, options, userState)
 function Leadtools.Codecs.RasterCodecs.LoadSvgAsync(Uri,Int32,CodecsLoadSvgOptions,Object)( 
   uri ,
   pageNumber ,
   options ,
   userState 
)

パラメーター

uri
入力イメージデータを格納しているウーリ
pageNumber
1から始まるページ番号。
オプション
SVGをロードするために使われるオプション。これは、nullでありえます。
userState
非同期操作の完了時に呼び出されるメソッドに渡されるユーザー定義オブジェクト。
解説

SVG(Scalable Vector Graphics)として任意のサポートされたimage、ドキュメントまたはベクトルファイルから1ページでロードするために、このメソッドを使います。詳細な情報については、LoadSvg(string fileName、int pageNumber、CodecsLoadSvgOptionsoptions)は照会します。

RasterCodecsクラスは、非同期でLoadSvgAsyncメソッドを使っているSVGとして、ロード画像データをサポートします。これらのメソッドのどれでも呼び出すとき、呼び出し元スレッドは妨げられません、そして、メソッドはすぐに返ります。RasterCodecsオブジェクトがSVGページ(またはエラーが発生する時)をロードするを完了するとき、LoadSvgAsyncCompletedは発生します。

LoadSvgAsyncCompletedイベントデータは、CodecsLoadSvgAsyncCompletedEventArgsプロパティにおけるSVGページを格納します。

ファイルかストリームがSVGとしてロードされることができるかどうか決定するために、CanLoadSvg(string fileName)またはCanLoadSvg(Streamストリーム)を使います。

ファイルからasynchrounslyにSVGのように、ロードするために、LoadSvgAsync(string fileName、int pageNumber、CodecsLoadSvgOptionsオプション、オブジェクトuserState)を使います。

ストリームからasynchrounslyにSVGのように、ロードするために、LoadSvgAsync(Streamストリーム、int pageNumber、CodecsLoadSvgOptionsオプション、オブジェクトuserState)を使います。

直接ファイルまたはストリームからのSVGとしてロードするために、LoadSvgを使います。

詳細については、「SVGの操作」を参照してください。

サンプル

サンプルのために、参照しますLoadSvgAsyncCompleted

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

RasterCodecsクラス
RasterCodecsメンバ
オーバーロードリスト
Leadtools.ISvgDocument
SVGの操作
SVGのサイズ、領域およびフラット
SVGのレンダリング