LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

ImageFileDirectoryOffsetプロパティ(CodecsTiffLoadOptions)








ページが開始するTIFFファイルの中で、オフセットを取得または設定します。
構文
public long ImageFileDirectoryOffset {get; set;}
'Declaration
 
Public Property ImageFileDirectoryOffset As Long
'Usage
 
Dim instance As CodecsTiffLoadOptions
Dim value As Long
 
instance.ImageFileDirectoryOffset = value
 
value = instance.ImageFileDirectoryOffset
public long ImageFileDirectoryOffset {get; set;}
@property (nonatomic, assign) unsigned long imageFileDirectoryOffset
public long getImageFileDirectoryOffset()
public void setImageFileDirectoryOffset(long value)
            
 <br/>get_ImageFileDirectoryOffset();<br/>set_ImageFileDirectoryOffset(value);<br/>Object.defineProperty('ImageFileDirectoryOffset'); 
public:
property int64 ImageFileDirectoryOffset {
   int64 get();
   void set (    int64 value);
}

属性値

TIFFの中のオフセットは、ページが開始するところをファイルします。
解説

これは、大きなTIFFファイルからページをロードするためのリファレンスページとして用いられます。

UseImageFileDirectoryOffsetの値は、TIFFイメージをロードするときツールキットがImageFileDirectoryOffset値を使うために、trueに設定されなければなりません。

コメントか、タグか、メタデータかGeoKeyにどのページを書くべきかに示すIFDを使うならば、若干の規制はこの関数に適用します。詳細な情報のためのロードと保存大きいTIFF/BigTIFFファイルズトピックを参照してください。

サンプル
サンプルのために、参照しますCodecsTiffOptions
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsTiffLoadOptionsクラス
CodecsTiffLoadOptionsメンバ