LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

SetResolutionsメソッド








LeadSizeの配列は、保存するために解像度を示すことを構築します。
マルチ解像度ファイルを保存するとき、保存するために、解像度を設定します。
構文
public void SetResolutions( 
   LeadSize[] resolutions
)
'Declaration
 
Public Sub SetResolutions( _
   ByVal resolutions() As LeadSize _
) 
'Usage
 
Dim instance As CodecsSaveOptions
Dim resolutions() As LeadSize
 
instance.SetResolutions(resolutions)
public void SetResolutions( 
   LeadSize[] resolutions
)
- (BOOL)setResolutions:(NSArray<NSValue *> *)resolutions //CGSize
public void setResolutions(LeadSize[] resolutions)
 function Leadtools.Codecs.CodecsSaveOptions.SetResolutions( 
   resolutions 
)
public:
void SetResolutions( 
   array<LeadSize>^ resolutions
) 

パラメーター

解像度
LeadSizeの配列は、保存するために解像度を示すことを構築します。
解説

現時点では、これはJBIG形式で機能するだけです。

JBIGのために、保存されることができる解像度の最大数は、29です。

JBIGファイルについては、各々の解像度レイヤの寸法が直接それより上のものの半分の寸法であるので、様々な解像度の値は意味されます。

GetResolutionsSetResolutionsは、ファイルで保存される最高解像度レイヤを決定するのに用いられます。配列を実際の幅と高さで満たすことができます、または、幅か高さを有効値で満たすことができて、次の間、imageのアスペクト比に基づくその寸法を計算するのにLEADTOOLSを見込む他の寸法のための0が操作を保存することを示していることができます。JBIGのために、配列で設定されるすべての値が保存される点に注意します、しかし、最初の項目だけが実ファイル保存プロセスの間、使われます。

ex。

uCount = 3 Resolution[0].Width = 800 Resolution[0].Height = 0

1600のx 1200であるimageをその後保存するならば、ファイルで保存される解像度は以下の通りであるでしょう:

800 x 600 400 x 300 200 x 150

サンプル
サンプルのために、参照しますCodecsOptions
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsSaveOptionsクラス
CodecsSaveOptionsメンバ
JBIG機能の実装