LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

Passesプロパティ(CodecsLoadOptions)








プログレッシブ画像(主にJPEG)をロードする際のパス数(画像内のスキャン数)を取得または設定します。
構文
public int Passes {get; set;}
'Declaration
 
Public Property Passes As Integer
'Usage
 
Dim instance As CodecsLoadOptions
Dim value As Integer
 
instance.Passes = value
 
value = instance.Passes
public int Passes {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger passes
public int getPasses()
public void setPasses(int value)
            
 <br/>get_Passes();<br/>set_Passes(value);<br/>Object.defineProperty('Passes'); 
public:
property int Passes {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

プログレッシブimageをロードするとき、パス数(imageを通してのスキャン)。

意味
任意の正の数。 最高でも指定されたパス数を示しているプログレッシブファイルをロードします。
0 ワンパスにおいてファイルをロードします。
-1 かなりのスキャンだけを示しているプログレッシブファイルをロードします。
-2 すべてのスキャンを示しているプログレッシブファイルをロードします。
解説

この値も、プログレッシブ負荷変動を作成するためにロードするために解像度の数を決定するためにJBIGファイルをロードするとき、使われます。

このプロパティは、RasterCodecs.LoadImageイベントが特定の行のために呼び出されることができる回数を制御します。RasterCodecs.LoadImageイベントを使わないならば、この値は無視されます。RasterCodecs.LoadImageイベントは、機能をロードする間、描画を実装するのに用いられることができます。プログレッシブファイルについては、イベントは同じimage行のために数回、呼び出されます。行の品質は、あらゆる呼び出しで改善されます。いくらかのパスの改善には視覚の改善がありません、それが推薦されるように、かなりのスキャン(-1)だけを示します。

サンプル
サンプルのために、参照しますCodecsOptions
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsLoadOptionsクラス
CodecsLoadOptionsメンバ
プログレッシブなロードと保存の制御
JBIG機能の実装
CodecsJpegSaveOptions.Passes