LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

Passesプロパティ(CodecsJpegSaveOptions)








プログレッシブJPEGとLEAD CMPイメージを保存する際のパス数を取得して設定します。
構文
public int Passes {get; set;}
'Declaration
 
Public Property Passes As Integer
'Usage
 
Dim instance As CodecsJpegSaveOptions
Dim value As Integer
 
instance.Passes = value
 
value = instance.Passes
public int Passes {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger passes
public int getPasses()
public void setPasses(int value)
            
 <br/>get_Passes();<br/>set_Passes(value);<br/>Object.defineProperty('Passes'); 
public:
property int Passes {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

プログレッシブJPEGを保存することまたはLEAD CMPがファイルするパス数(imageを通してのスキャン)。

意味
> 1 指定されたパス数を持つプログレッシブファイルとしてファイルを保存します。
1 ダイナミックに最適化されたHuffmanテーブル(すなわち、Huffmanテーブルは保存しているimageのために最適化されます)で、正規のJPEGファイルを保存します。
より小さなファイルに使用します(速度が遅くなります)。
0 静的なHuffmanテーブル(すなわち、Huffmanテーブルはすべてのイメージのための同じことです)で、正規のJPEGファイルを保存します。
<0 パス数がLEADTOOLSデフォルトのプログレッシブファイルとして保存します。
サンプル
サンプルのために、参照しますCodecsJpegOptions
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsJpegSaveOptionsクラス
CodecsJpegSaveOptionsメンバ
プログレッシブなロードと保存の制御
CodecsLoadOptions.Passes
LEADとJPEG形式を用いた圧縮