LEADTOOLS画像ファイルサポート(Leadtools.Codecsアセンブリ)

フレームを表示

TextGbatX1プロパティ








テキスト領域エンコーディングのために適応可能なテンプレートピクセルA1のX位置を取得または設定します。
構文
public int TextGbatX1 {get; set;}
'Declaration
 
Public Property TextGbatX1 As Integer
'Usage
 
Dim instance As CodecsJbig2SaveOptions
Dim value As Integer
 
instance.TextGbatX1 = value
 
value = instance.TextGbatX1
public int TextGbatX1 {get; set;}
@property (nonatomic, assign) NSInteger textGbatX1
public int getTextGbatX1()
public void setTextGbatX1(int value)
            
 <br/>get_TextGbatX1();<br/>set_TextGbatX1(value);<br/>Object.defineProperty('TextGbatX1'); 
public:
property int TextGbatX1 {
   int get();
   void set (    int value);
}

属性値

テキスト領域エンコーディングのために適応可能なテンプレートピクセルA1のX位置を表す整数。TextGbatY1がゼロであるとき以外は、設定可能な値は-128から127にわたります、その場合には、�128から-1にわたります。
サンプル
サンプルのために、参照しますCodecsJbig2SaveOptions
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

CodecsJbig2SaveOptionsクラス
CodecsJbig2SaveOptionsメンバ