キャッシュに格納している(Leadtools.Cachingアセンブリ)LEADTOOLS

フレームを表示

Leadtools.Caching名前空間

継承階層


インターフェース、列挙法、 構造体とクラスの概要と説明。
クラス
 クラス説明
CacheItem キャッシュエントリを指定します。
CacheItem<T> 汎用的なキャッシュエントリを指定します。
CacheItemExpiredEventArgs ObjectCache.CacheItemExpiredイベントのためのデータ。
CacheItemExpiringEventArgs ObjectCache.CacheItemExpiringイベントのためのデータ。
CacheItemPolicy キャッシュエントリの有効期限詳細を定義します。
CacheStatistics キャッシュの統計。
FileCache ファイルキャッシュのLEADTOOLSサポートを表します。
ItemExpiredException キャッシュ項目が期限切れになられるとき、スローされる例外。
ObjectCache 提供する抽象クラスは、サポートをキャッシュに格納します。
デリゲート
 delegate説明
EnumerateCacheEntriesCallback ObjectCache.EnumerateRegionsObjectCache.EnumerateKeysメソッドのためのコールバック。
列挙体
 列挙体説明
CacheSerializationMode キャッシュシリアル化モード
DefaultCacheCapabilities キャッシュインプリメンテーションが提供する機能の設定します。
参照

参照

Leadtools.Cachingアセンブリ

Leadtools.Cachingは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。Imaging Pro/Document/Medicalの機能