キャッシュに格納している(Leadtools.Cachingアセンブリ)LEADTOOLS

フレームを表示

GetCacheUrlメソッド






一意な項目識別子。
オプションのリージョン(サブディレクトリー)名。
指定された項目のためにデータを保持している物理ファイルへのURI。
構文
public Uri GetCacheUrl( 
   string key,
   string regionName
)
'Declaration
 
Public Function GetCacheUrl( _
   ByVal key As String, _
   ByVal regionName As String _
) As Uri
'Usage
 
Dim instance As FileCache
Dim key As String
Dim regionName As String
Dim value As Uri
 
value = instance.GetCacheUrl(key, regionName)
public String getCacheUrl(String key, String regionName)
            
public:
Uri^ GetCacheUrl( 
   String^ key,
   String^ regionName
) 

パラメーター

キー
一意な項目識別子。
regionName
オプションのリージョン(サブディレクトリー)名。

戻り値

指定されたもののためにデータを保持しているファイルへのURI項目。
解説

GetCacheUrlは、キャッシュで現時点では保存される任意の項目に、URIを返します。CacheVirtualDirectoryは、このメソッドを使うセットアップでなければなりません。たとえばクライアントcodeがJavaScriptであるならば、キャッシュ項目にURIを得ることはウェブアプリケーションに役立つことがありえます。

LEADTOOLSドキュメントウェブサービスクラスは、このメソッドを使ってディスクファイルから項目のデータに素早くアクセスします。画像ファイルなどの大容量データが含まれる場合、データに素早くアクセスして更新します。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

FileCacheクラス
FileCacheメンバ

Leadtools.Cachingは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。Imaging Pro/Document/Medicalの機能