(Leadtools.Controls)

フレームを表示

AutoResetOptionsプロパティ




新しいimageがビューワ(単一の項目モード)に設定されるとき、どのディスプレイプロパティをリセットするべきか決定します。
構文
public virtual ImageViewerAutoResetOptions AutoResetOptions {get; set;}
'Declaration
 
Public Overridable Property AutoResetOptions As ImageViewerAutoResetOptions

属性値

新しいimageがビューワ(単一の項目モード)に設定されるとき、どのディスプレイプロパティをリセットするべきか決定する値。デフォルト値は、ImageViewerAutoResetOptions.Allです。
解説

リセットがそのデフォルト値までコントロールのディスプレイプロパティのどれを後退させるかについて制御するために、新しいimageがImageUrlimageまたはSvgDocumentプロパティに設定されるとき、または、ユーザーが直接ImageSizeを変更するとき、このプロパティを使います。

ビューワは、perfromへのリセットを値をresetingすることと言います。

サンプル

デモを実行して、例ボタンをクリックします。imageは、特定の値にズームされます(その倍率とスクロールオフセットは変更されます)。そして、新しいimageが設定されるとき、ビューワはこれらの値を変更しないためにAutoResetOptionsを使います。

ImageViewerサンプルからサンプル関数内のコードをすべて削除し("// TODO:ここにサンプルコードを追加します"というコメントを検索する)、以下のコードを挿入します。

Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Controls
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.Drawing
Imports Leadtools.ImageProcessing
Imports Leadtools.ImageProcessing.Color

Public Sub ImageViewerAutoResetOptions_Example(ByVal image As RasterImage)
   Dim options As ImageViewerAutoResetOptions = _imageViewer.AutoResetOptions ' save
   _imageViewer.AutoResetOptions = ImageViewerAutoResetOptions.None
   _imageViewer.Image = image
   _imageViewer.AutoResetOptions = options
End Sub
using Leadtools;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Drawing;
using Leadtools.ImageProcessing;
using Leadtools.ImageProcessing.Color;

public void ImageViewerAutoResetOptions_Example(RasterImage image)
{
   ImageViewerAutoResetOptions options = _imageViewer.AutoResetOptions; // save
   _imageViewer.AutoResetOptions = ImageViewerAutoResetOptions.None;
   _imageViewer.Image = image;
   _imageViewer.AutoResetOptions = options;
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

ImageViewerクラス
ImageViewerメンバ