(Leadtools.Controls)

フレームを表示

ImageSizeプロパティ(ImageViewerItem)




ピクセルのこの項目のイメージサイズ。
構文
public virtual LeadSize ImageSize {get; set;}
'Declaration
 
Public Overridable Property ImageSize As LeadSize

属性値

ピクセルのこの項目のイメージサイズ。デフォルト値は、0,0です。
解説

新しい値がURLimageまたはSvgDocumentに設定されるとき、ImageSizeは項目によって自動的に更新されます。オーナー描画のために特定のサイズで項目を作成するか、virtualizerを用いてあとで提出されることは、カスタム値に設定されることもできます。詳細については、「画像ビューワの項目」を参照してください。

ビューワが単一の項目モードで使われるときこれがアクティブな項目であるならば、ImageViewerImageSizeプロパティはこのメンバを更新します。

サンプル
Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Controls
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.Drawing
Imports Leadtools.ImageProcessing
Imports Leadtools.ImageProcessing.Color

If _imageViewer.ActiveItem.HasImage Then
   Dim size As LeadSize = _imageViewer.ActiveItem.ImageSize
   ' copy the ActiveItem to new Image...
   Dim image2 As RasterImage = _imageViewer.ActiveItem.Image.Clone()

   ' Resize the image to new size
   Dim cmd As SizeCommand = New SizeCommand(size.Width \ 2, size.Height \ 2, RasterSizeFlags.None)
   cmd.Run(image2)

   ' ...
   ' put your code here
   ' ...

   image2.Dispose()
End If
using Leadtools;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Drawing;
using Leadtools.ImageProcessing;
using Leadtools.ImageProcessing.Color;

if (_imageViewer.ActiveItem.HasImage)
{
   LeadSize size = _imageViewer.ActiveItem.ImageSize;
   // copy the ActiveItem to new Image...
   RasterImage image2 = _imageViewer.ActiveItem.Image.Clone();

   // Resize the image to new size
   SizeCommand cmd = new SizeCommand(size.Width / 2, size.Height / 2, RasterSizeFlags.None);
   cmd.Run(image2);

   // ...
   // put your code here
   // ...

   image2.Dispose();
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

ImageViewerItemクラス
ImageViewerItemメンバ