(Leadtools.Controls)

フレームを表示

AddFromSvgUrlメソッド




画像ファイルをポイントしているURL。
画像ファイルをポイントしているURLから、新しいSVGドキュメント項目を追加します。
構文
public ImageViewerItem AddFromSvgUrl( 
   Uri url
)
'Declaration
 
Public Function AddFromSvgUrl( _
   ByVal url As Uri _
) As ImageViewerItem

パラメーター

URL
画像ファイルをポイントしているURL。

戻り値

良好なものの新しく作成された項目
解説

このメソッドは、ImageViewer.RasterCodecsInstance.LoadSvgAsyncを用いたSVGドキュメントとして、データをロードします。ラスター画像としてデータをロードするために、AddFromImageUrlを使います。

このメソッドにより、URLから項目を素早く追加できます。以下のcodeと同じです。


            ImageViewerItem item = new ImageViewerItem();
            item.LoadUrlAsSvg = true;
            item.Url = url;
            imageViewer.Items.Add(item);
            

URLnullであるならば、空項目は追加されます。

ビューワがレンダリングのためにSVGドキュメントを最適化するならば、AutoRenderOptimizeSvgDocumentsの値は決定します。

サンプル
Copy Code  
Imports Leadtools
Imports Leadtools.Controls
Imports Leadtools.Codecs
Imports Leadtools.Drawing
Imports Leadtools.ImageProcessing
Imports Leadtools.ImageProcessing.Color
Imports Leadtools.Svg

_imageViewer.BeginTransform()
_imageViewer.Items.AddFromSvgUrl(New Uri("http://localhost/myimages/en-ja.doc"))
_imageViewer.EndTransform()
using Leadtools;
using Leadtools.Controls;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Drawing;
using Leadtools.ImageProcessing;
using Leadtools.ImageProcessing.Color;
using Leadtools.Svg;

_imageViewer.BeginTransform();
_imageViewer.Items.AddFromSvgUrl(new Uri(@"http://localhost/myimages/en-ja.doc"));
_imageViewer.EndTransform();
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

ImageViewerItemsクラス
ImageViewerItemsメンバ