(Leadtools.Controls)

フレームを表示

ImageViewerInteractiveModeクラスメンバー

フレームを表示
フィールド  プロパティ  メソッド  イベント





以下の表は、ImageViewerInteractiveModeによって公開されるメンバを示します。

パブリックフィールド
 名前説明
ActiveItemModeIdImageViewerActiveItemInteractiveMode ID。  
AddRegionModeIdImageViewerAddRegionInteractiveMode ID。  
AutoPanModeIdImageViewerAutoPanInteractiveMode ID。  
CenterAtModeIdImageViewerCenterAtInteractiveMode ID。  
DragModeIdImageViewerDragInteractiveMode ID。  
FloaterModeIdImageViewerFloaterInteractiveMode  
MagnifyGlassModeIdImageViewerMagnifyGlassInteractiveMode ID。  
NoneModeIdImageViewerNoneInteractiveMode ID。  
PagerModeIdImageViewerPagerInteractiveMode ID。  
PanZoomModeIdImageViewerPanZoomInteractiveMode ID。  
RubberBandModeIdImageViewerRubberBandInteractiveMode ID。  
SelectItemsModeIdImageViewerSelectItemsInteractiveMode ID。  
SpyGlassModeIdImageViewerSpyGlassInteractiveMode ID。  
UserModeIdユーザー対話モードIDの開始します。  
ZoomAtModeIdImageViewerZoomAtInteractiveMode ID。  
ZoomToModeIdImageViewerZoomToInteractiveMode ID。  
パブリックプロパティ
 名前説明
AutoItemModeそのモードで項目プロパティがどのように更新されるかを示します。  
HideCursorWhileWorkingこのモードが機能しているとき、マウスカーソルを非表示にするべきかどうか示します。  
HitTestStateこのモードヒット-テスト状態を示します。  
HitTestStateCursorこのImageViewerInteractiveModeのヒットテスト状態に使用するマウスカーソル。  
Idこのモードの一意なID。  
IdleCursorこのImageViewerInteractiveModeのアイドル状態の用途へのマウスカーソル  
ImageViewerこのモードのための画像ビューワ。  
InteractiveServiceこのモードのための対話型サービス。  
IsDragMouseWheelEnabledこのモードがマウスのホイールを用いて始められるドラッグイベントを受け取るかどうか示します。  
IsEnabledこのモードが現在有効化されていて動作可能であることを示します。  
IsStartedこのモードが開始したかどうかについて示す値を取得します。  
IsWorkingこのモードが機能しているかどうかについて示す値を取得します。  
Itemこのモードで作業ソースとして使用する項目。  
ItemPartこのモードで作業時に使用する項目の部分。  
MouseButtonsこのモードに関連づけられるマウスボタン。  
Nameこのモードのユーザーフレンドリー名。  
TagこのImageViewerInteractiveModeのためのユーザー定義データ。  
WorkingCursorこのImageViewerInteractiveModeの作業状態に使用するマウスカーソル。  
WorkOnBoundsこのモードは、オリジナルクリックまたはタッチが指定領域内で行われた場合のみ機能するかどうかを示します。  
パブリックメソッド
 名前説明
Startモードを開始します。  
Stopモードを停止します。  
ToStringこのモードのユーザーフレンドリー名を返します。  
プロテクトメソッド
 名前説明
CanStartWorkモードが仕事を開始することができるかどうかについて示す値を取得します。  
CanWorkOnItemこのモードが任意の項目に関して機能することができるかどうかについて示す値を取得します。  
GetItemWorkBounds項目の作業領域を取得します。  
GetWorkBoundsこのモードのための現在の作業領域。  
OnWorkCompletedこのモードで作業が完了し、WorkCompletedイベントが発生することを示します。  
OnWorkStartedこのモードで作業を開始し、WorkStartedイベントを発生させることを示します。  
UpdateAutoItem項目プロパティを更新します。  
パブリックイベント
 名前説明
WorkCompletedこのモードが仕事を完了するとき、発生します。  
WorkStartedこのモードで作業が開始すると発生します。  
参照

参照

ImageViewerInteractiveModeクラス
Leadtools.Controls名前空間