(Leadtools.Controls)

フレームを表示

ImageViewerAutoResetOptions列挙体




画像がコントロールに設定されるときに、どの表示プロパティをリセットするのかを制御するオプションを指定します。
構文
public enum ImageViewerAutoResetOptions : System.Enum 
'Declaration
 
Public Enum ImageViewerAutoResetOptions 
   Inherits System.Enum
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000None デフォルト値にリセットするプロパティは、ありません。
0 x 00000001Scroll 水平方向と垂直方向のスクロールのオフセット(ImageViewer.ScrollOffset)位置により、左上の位置(0,0)にリセットされます。
0 x 00000002Zoom ControlSizeMode1.0ImageViewer.SizeModeImageViewer.ScaleFactorをリセットします。これは、これらの値を設定するために、ズームを呼び出します。
0 x 00000004Transformation ImageViewer.Flip、ImageViewer.ReverseとImageViewer.RotateAngleを、それぞれFalse、Falseと0にリセットします。
0 x 00000008Effects ImageViewer.InvertをFalseへリセットします。
0 x 0000000FAll すべてのプロパティはデフォルト値にリセットされます。
解説

新しいimageがビューワで設定されるとき、コントロールリセットのディスプレイプロパティのうちどちらがそのデフォルト値に戻るかについて制御するために、ImageViewer.AutoResetOptionsプロパティを使います。

一緒に上記のオプションのどれでも結合するために、論理OR演算子を使います。これらのオプションを設定することで、たとえばコントロールの倍率値が1.5(150%)に設定されているときに新しい画像が設定された場合、倍率を100%にリセットせずに150%に維持するような効果を実現できます。

ビューワが複数の項目で使われないとき、使われます。詳細は、シングルの画像ビューワに言及します項Mode。

サンプル

サンプルのために、参照しますImageViewer.AutoResetOptions

継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Controls.ImageViewerAutoResetOptions

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Controls名前空間