(Leadtools.Controls)

フレームを表示

ImageViewerAutoItemMode列挙体




対話モードで項目を使う方法を指定します。
構文
public enum ImageViewerAutoItemMode : System.Enum 
'Declaration
 
Public Enum ImageViewerAutoItemMode 
   Inherits System.Enum
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000None 項目を設定しません。そのままにしておきます。
0 x 00000001Never 項目は使用しません。常にnullとして扱います。ImageViewerSelectItemsInteractiveModeは、特定の項目では作業しないため、この値を使います。
0 x 00000002AutoSet ヒットテストを実行し、見つかった項目は項目に設定します。項目が見つけられないならば、モードは機能しません。
0 x 00000003AutoSetActive ヒットテストを実行し、見つかった項目は項目に設定し、現在のActiveItemにします。項目が見つけられないならば、モードは機能しません。
解説

ImageViewerAutoItemModeが、ImageViewerInteractiveModeAutoItemModeプロパティのための値として使われます。

サンプル

サンプルのために、参照しますAutoItemMode

継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Controls.ImageViewerAutoItemMode

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Controls名前空間