LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

IBarcodeWriteOptionsインターフェース








メンバ 
すべてのバーコードの書き込みオプションのためのインターフェース
オブジェクトモデル
構文
public interface IBarcodeWriteOptions : IBarcodeOptions  
'Declaration
 
Public Interface IBarcodeWriteOptions 
   Inherits IBarcodeOptions 
'Usage
 
Dim instance As IBarcodeWriteOptions
public interface IBarcodeWriteOptions : IBarcodeOptions  
function Leadtools.Barcode.IBarcodeWriteOptions() IBarcodeOptions 
public interface class IBarcodeWriteOptions : public IBarcodeOptions  
解説

注意:LEADTOOLS for .NETにおいて、このインターフェースはBarcodeWriteOptionsクラスに相当します。

BarcodeWriterクラスは、バーコードをimageへ書き込むのに用いられるBarcodeWriter.WriteBarcodeメソッドを格納します。BarcodeWriterのインスタンスを作成してそのメンバにバーコードプロパティを設定して、そのインスタンスをこのメソッドに渡す必要があります。

それを実装するIBarcodeWriteOptionsインターフェースとクラスは、LEADTOOLSを用いてバーコードを書き込むとき、使われるオプションを制御するのに用いられます。オプションの設定方法には次の2通りがあります。

BarcodeWriterクラスには、各バーコード体系(または共通バーコード体系のグループ)のデフォルトオプションが含まれます。これらのオプションを取得するには、対象のバーコード体系を渡してBarcodeWriter.GetDefaultOptionsメソッドを呼び出します。返されたIBarcodeWriteOptions(または適切な実装しているクラスにそれをキャストした後の)のメンバをその後変更することができます。

派生IBarcodeWriteOptionsクラスの1つのインスタンスを作成することもできて、入力パラメータとしてオプションを受け取るBarcodeWriter.WriteBarcodeメソッドで、直接それを使うこともできます。

BarcodeWriteOptionsのメンバとその機能を以下に示します。

メンバ 説明
BarcodeWriteOptions.ForeColor

バーコードをimageへ書き込むとき、使うバーコード前景色(バーまたはシンボルのカラー)を制御します。

BarcodeWriteOptions.BackColor

バーコードをimageへ書き込むとき、使うバーコード背景色(スペースのカラー)を制御します。

IBarcodeWriteOptionsはインタフェースであり、直接作成することはできません。その代わりに、このインタフェースを実装する以下のいずれかのクラスを作成します。

書き込みオプションクラス 説明
OneDBarcodeWriteOptions

規格基準1D一次元バーコードオプション。以下のバーコード体系のどれでも書き込むとき、使われます:EAN13、EAN8、UPCA、UPCE、Code3Of9、Code128、CodeInterleaved2Of5、Codabar、UCCEAN128、Code93、EANEXT5、EANEXT2、MSI、Code11、CodeStandard2Of5、GS1Databar、GS1DatabarLimitedまたはGS1DatabarExpanded

GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions

GS1 DataBarは、バーコードオプションを積み重ねました。GS1DatabarStackedまたはGS1DatabarExpandedStackedバーコード体系を書き込むとき、使われます

FourStateBarcodeWriteOptions

4-State barcodeオプション。AustralianPost4State、RoyalMail4StateまたはUSPS4Stateバーコード体系を書き込むとき、使われます

PostNetPlanetBarcodeWriteOptions

PSTNET/Planetバーコードオプション。PostNetまたはPlanetバーコード体系を書き込むとき、使われます

PatchCodeBarcodeWriteOptions

Patch codeバーコードオプション。PatchCodeシンボルを書き込むとき、使われます。

DatamatrixBarcodeWriteOptions

Datamatrixバーコードオプション。Datamatrixシンボルを書き込むとき、使われます。

MicroPDF417BarcodeWriteOptions

Micro PDF417バーコードオプション。MicroPDF417シンボルを書き込むとき、使われます。

PDF417BarcodeWriteOptions

PDF417バーコードオプション。PDF417シンボルを書き込むとき、使われます。

QRBarcodeWriteOptions

QRバーコードオプション。QRシンボルを書き込むとき、使われます。

サンプル

このサンプルは「true」すべてのサポートされたバーコード体系の「使用×モジュール」オプションを設定して、それからすべてのサポートされたバーコードのTIFFファイルを作成します。

Copy Code  
using Leadtools;
using Leadtools.Codecs;
using Leadtools.Barcode;
using Leadtools.ImageProcessing;

      
public async Task BarcodeWriteOptions_Example()
{
   int resolution = 300;
   // Create a Barcode engine
   BarcodeEngine engine = new BarcodeEngine();

   // Get the Barcode writer
   BarcodeWriter writer = engine.Writer;

   // All 1D options have the UseXModule set to false by default, we need to set it to true
   // so we can calculate the default size. We will change the default options so we can
   // pass null to CalculateBarcodeDataBounds and WriteBarcode below

   // For all Standard 1D
   OneDBarcodeWriteOptions oneDWriteOptions = writer.GetDefaultOptions(BarcodeSymbology.UPCA) as OneDBarcodeWriteOptions;
   oneDWriteOptions.UseXModule = true;

   // All GS1 Databar Stacked
   GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions gs1DatabarStackedWriteOptions = writer.GetDefaultOptions(BarcodeSymbology.GS1DatabarStacked) as GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions;
   gs1DatabarStackedWriteOptions.UseXModule = true;

   // Patch Code
   PatchCodeBarcodeWriteOptions patchCodeWriteOptions = writer.GetDefaultOptions(BarcodeSymbology.PatchCode) as PatchCodeBarcodeWriteOptions;
   patchCodeWriteOptions.UseXModule = true;

   // All PostNet/Planet
   PostNetPlanetBarcodeWriteOptions postNetPlanetWriteOptions = writer.GetDefaultOptions(BarcodeSymbology.PostNet) as PostNetPlanetBarcodeWriteOptions;
   postNetPlanetWriteOptions.UseXModule = true;

   // We will use this object to save files
   using(RasterCodecs codecs = new RasterCodecs())
   {
      // Get all the available write symbologies
      BarcodeSymbology[] symbologies = writer.GetAvailableSymbologies();
      foreach(BarcodeSymbology symbology in symbologies)
      {
         Debug.WriteLine("Processing {0}", symbology);

         // Create the default data for this symbology
         BarcodeData data = BarcodeData.CreateDefaultBarcodeData(symbology);

         // Calculate its size with default options
         writer.CalculateBarcodeDataBounds(LeadRectHelper.Empty, resolution, resolution, data, null);

         // Create an image to write the data to
         LeadRect pixels = data.Bounds;
         using(RasterImage image = RasterImage.Create(pixels.Width, pixels.Height, 1, resolution, RasterColorHelper.FromKnownColor(RasterKnownColor.White)))
         {
            // Write the barcode with default options
            writer.WriteBarcode(image, data, null);

            // Save it
            string outFileName = symbology.ToString() + ".tif";
            StorageFile saveFile = await Tools.AppLocalFolder.CreateFileAsync(outFileName);
            await codecs.SaveAsync(image, LeadStreamFactory.Create(saveFile), RasterImageFormat.Tif, 1);
         }
      }
   }
}
必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

IBarcodeWriteOptionsメンバ
Leadtools.Barcode名前空間
OneDBarcodeWriteOptionsクラス
GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsクラス
FourStateBarcodeWriteOptionsクラス
PostNetPlanetBarcodeWriteOptionsクラス
PatchCodeBarcodeWriteOptionsクラス
DatamatrixBarcodeWriteOptionsクラス
MicroPDF417BarcodeWriteOptionsクラス
PDF417BarcodeWriteOptionsクラス
QRBarcodeWriteOptionsクラス
BarcodeWriterクラス
BarcodeSymbology列挙体
BarcodeEngineクラス
BarcodeWriter.WriteBarcode
LEADTOOLSバーコードによるプログラミング
サポートされているバーコード体系
バーコードサポートのロック解除
バーコードの書き込みチュートリアル
バーコードの書き込み―四角形とXModule

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能