LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsクラス








メンバ 
GS1 Databar Stackedバーコードを書き込むとき、使う追加のオプションを格納します。
オブジェクトモデル
構文
[TypeConverterAttribute()]
[SerializableAttribute()]
public class GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions : BarcodeWriteOptions, System.ICloneable  
'Declaration
 
<TypeConverterAttribute()>
<SerializableAttribute()>
Public Class GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions 
   Inherits BarcodeWriteOptions
   Implements System.ICloneable 
'Usage
 
Dim instance As GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions
public sealed class GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions : System.ICloneable  
@interface LTGS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions : LTBarcodeWriteOptions
public class GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions extends BarcodeWriteOptions
function Leadtools.Barcode.GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions()
[TypeConverterAttribute()]
[SerializableAttribute()]
public ref class GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptions : public BarcodeWriteOptions, System.ICloneable  
解説

GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsクラスは、LEADTOOLSを用いてGS1 Databar Stackedバーコードを書き込むとき、オプションを制御するのに用いられます。オプションの設定方法は2通りあります。

BarcodeWriterクラスには、各バーコード体系(または共通バーコード体系のグループ)のデフォルトオプションが含まれます。これらのオプションを取得するには、以下のいずれかを渡してBarcodeWriter.GetDefaultOptionsメソッドを呼び出します。

BarcodeWriteOptionsからGS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsまでそれをキャストすることによって、返されたGS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsのメンバを変更します。

GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsクラスのインスタンスを作成して、入力パラメータとしてオプションを受け取るBarcodeWriter.WriteBarcodeメソッドで、直接それを使います。

ベースBarcodeWriteOptionsのメンバとその機能を以下に示します。

メンバ 説明
BarcodeWriteOptions.ForeColor

バーコードをimageへ書き込むとき、使うバーコード前景色(バーまたはシンボルのカラー)を制御します。

BarcodeWriteOptions.BackColor

バーコードをimageへ書き込むとき、使うバーコード背景色(スペースのカラー)を制御します。

BarcodeWriteOptions.LoadBarcodeWriteOptions.Save

保存するか、XMLファイルまたはストリームへ/からオプションをロードするのに用いられることができます。

BarcodeWriteOptions.GetSupportedSymbologies

このクラスは、以下のバーコード体系を格納している配列を返すために、ベースクラスメソッドをオーバーライドします:BarcodeSymbology.GS1DatabarStackedBarcodeSymbology.GS1DatabarExpandedStacked

これらの機能とメンバに加えて、GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsはこれらのGS1 Databar Stackedバーコードに特有の機能を格納します:

メンバ 説明
UseXModule

これのバーコードを書き込むとき、XModuleを使います型。

XModule

GS1 Databarを書き込むことがバーコードを積み重ねた最も小型モジュールのサイズ

SetLinkageBit

バーコードを書き込むとき、リンケージビットを設定します

UseStackedOmniDirectionalFormat

バーコードを書き込むとき、Stacked Omni-directional形式で2-行を使います

ExpandedStackedRowsCount

GS1 Databar Expanded Stacked形式のために書き込む行の数

サンプル

サンプルのために、参照しますGS1DatabarStackedBarcodeReadOptions

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

GS1DatabarStackedBarcodeWriteOptionsメンバ
Leadtools.Barcode名前空間
BarcodeDataクラス
BarcodeWriterクラス
BarcodeSymbology列挙体
BarcodeEngineクラス
BarcodeWriter.WriteBarcode
LEADTOOLSバーコードによるプログラミング
サポートされているバーコード体系
バーコードサポートのロック解除
バーコードの書き込みチュートリアル
LEADTOOLSのGS1 DataBar/RSS-14バーコード
バーコードの書き込み―四角形とXModule

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能