LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

DatamatrixBarcodeReadOptionsクラス








メンバ 
Datamatrixバーコードを読み取る場合に使用する追加オプションを格納します。
オブジェクトモデル
構文
[TypeConverterAttribute()]
[SerializableAttribute()]
public class DatamatrixBarcodeReadOptions : BarcodeReadOptions, System.ICloneable  
'Declaration
 
<TypeConverterAttribute()>
<SerializableAttribute()>
Public Class DatamatrixBarcodeReadOptions 
   Inherits BarcodeReadOptions
   Implements System.ICloneable 
'Usage
 
Dim instance As DatamatrixBarcodeReadOptions
public sealed class DatamatrixBarcodeReadOptions : System.ICloneable  
@interface LTDatamatrixBarcodeReadOptions : LTBarcodeReadOptions
public class DatamatrixBarcodeReadOptions extends BarcodeReadOptions
function Leadtools.Barcode.DatamatrixBarcodeReadOptions()
[TypeConverterAttribute()]
[SerializableAttribute()]
public ref class DatamatrixBarcodeReadOptions : public BarcodeReadOptions, System.ICloneable  
解説

DatamatrixBarcodeReadOptionsクラスは、LEADTOOLSを用いてDatamatrixバーコードを読むとき、オプションを制御するのに用いられます。オプションの設定方法は2通りあります。

BarcodeReaderクラスには、各バーコード体系(または共通バーコード体系のグループ)のデフォルトオプションが含まれます。これらのオプションは、BarcodeSymbology.Datamatrixを渡しているBarcodeReader.GetDefaultOptionsメソッドを用いて取り戻されることができます。そして、BarcodeReadOptionsからDatamatrixBarcodeReadOptionsまでそれをキャストすることによって、返されたDatamatrixBarcodeReadOptionsのメンバを変更します。

DatamatrixBarcodeReadOptionsクラスのインスタンスを作成して、BarcodeReader.ReadBarcodeと入力パラメータとしてシングルまたはオプションの配列を受け取るBarcodeReader.ReadBarcodesメソッドで直接それを使うことが、できもします。

ベースBarcodeReadOptionsのメンバとその機能を以下に示します。

メンバ 説明
BarcodeReadOptions.ForeColor

カラー画像からバーコードを読むとき、使うバーコード前景色(バーまたはシンボルのカラー)を制御します。

BarcodeReadOptions.BackColor

カラー画像からバーコードを読むとき、使うバーコード背景色(スペースのカラー)を制御します。

BarcodeReadOptions.LoadBarcodeReadOptions.Save

保存するか、XMLファイルまたはストリームへ/からオプションをロードするのに用いられることができます。

BarcodeReadOptions.GetSupportedSymbologies

このクラスは、以下のバーコード体系を格納している配列を返すために、ベースクラスメソッドをオーバーライドします:BarcodeSymbology.Datamatrix

これらの機能とメンバに加えて、DatamatrixBarcodeReadOptionsはこれらのDatamatrixバーコードに特有の機能を格納します:

メンバ 説明
EnableDoublePass

Datamatrixバーコードが見つからない場合に、内部で画像データの前処理を自動的に実行します。

EnableDoublePassIfSuccess

見つかった若干のDatamatrixバーコードがそうであるならば、データが平らにするimageを内部の自動前処理を有効にします。

EnableInvertedSymbols

反転したシンボルと通常の(反転していない)シンボルの両方を検索するようデータマトリクスリーダーに要求します。

EnableFastMode

高速バーコード読み取り(推奨)。これは、ほとんどのバーコード品質(良好または不良)に適しています。

ReadSquareSymbolsOnlyに

正方形シンボルのみの読み取りを有効にします。さもなければ、長方形で四角いシンボルを読みます

EnableSmallSymbols

20~40ピクセルの小さいシンボルの読み取りを有効にします。

GS1toHRI

反転したシンボルと通常の(反転していない)シンボルの両方を検索するようデータマトリクスリーダーに要求します。

サンプル

サンプルのために、参照しますDatamatrixBarcodeData

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

DatamatrixBarcodeReadOptionsメンバ
Leadtools.Barcode名前空間
DatamatrixBarcodeDataクラス
BarcodeReaderクラス
BarcodeSymbology列挙体
BarcodeEngineクラス
BarcodeReader.ReadBarcode
BarcodeReader.ReadBarcodes
LEADTOOLSバーコードによるプログラミング
サポートされているバーコード体系
バーコードサポートのロック解除
読み取りバーコードチュートリアル
LEADTOOLSのDatamatrixバーコード

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能