LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

Load(String)メソッド








データを格納しているXMLファイル。
このBarcodeOptionsを指定されたXMLファイルからロードします。
構文
public void Load( 
   string fileName
)
'Declaration
 
Public Overloads Sub Load( _
   ByVal fileName As String _
) 
'Usage
 
Dim instance As BarcodeWriteOptions
Dim fileName As String
 
instance.Load(fileName)
public void Load( 
   string fileName
)
 function Leadtools.Barcode.BarcodeWriteOptions.Load(String)( 
   fileName 
)
public:
void Load( 
   String^ fileName
) 

パラメーター

fileName
データを格納しているXMLファイル。
解説

ロード/セーブメソッドは、ユーザーのためのヘルパーメソッドとして提供されます。BarcodeEngineBarcodeWriterBarcodeWriterは、内部的にこれらのメソッドを使いません。

XMLファイルにBarcodeWriteOptionsを保存するために、BarcodeWriteOptions.Save(string fileName)を使います。

保存して、XMLストリームにデータをロードするために、BarcodeWriteOptions.Save(Streamストリーム)BarcodeWriteOptions.Load(Streamストリーム)を使います。

サンプル

サンプルのために、参照しますBarcodeWriteOptions.Save(string fileName)

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

BarcodeWriteOptionsクラス
BarcodeWriteOptionsメンバ
オーバーロードリスト

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能