LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

BarcodeReturnCheckDigit列挙体








バーコードの読み取り時に使用するチェックデジットモードを返します。
構文
'Declaration
 
<SerializableAttribute()>
Public Enum BarcodeReturnCheckDigit 
   Inherits System.Enum
   Implements System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable 
'Usage
 
Dim instance As BarcodeReturnCheckDigit
typedef NS_ENUM(NSInteger, LTBarcodeReturnCheckDigit)
public enum BarcodeReturnCheckDigit
Leadtools.Barcode.BarcodeReturnCheckDigit = function() { };
Leadtools.Barcode.BarcodeReturnCheckDigit.prototype = {<br/>
  Default = 0,
	Yes = 1,
	No = 2,
	
 };
[SerializableAttribute()]
public enum class BarcodeReturnCheckDigit : public System.Enum, System.IComparable, System.IConvertible, System.IFormattable  
メンバ
メンバ説明
0Defaultデフォルトモードは、シンボル標準に依存します。現時点では、UPCとEANのためのイエスへの同等は、バーコード化します。
1Yes常に、シンボルがそれをサポートするならば、チェックデジットを返します。
2No数字を返しません。
解説

読み取りバーコードから返される結果がチェックデジットを格納するかどうか示すのに用いられます。すべてのバーコードタイプが検査桁をサポートするというわけではないことに注意すべきです。

サンプル

サンプルのために、参照しますBarcodeReadOptions

継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Barcode.BarcodeReturnCheckDigit

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Barcode名前空間

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能