LEADTOOLSバーコード(Leadtools.Barcodeアセンブリ)

フレームを表示

Boundsプロパティ








imageの上でバーコード場所とサイズを取得または設定します。
構文
[CategoryAttribute("	Bounds")]
[DescriptionAttribute("Bounds (location) of the barcode in the image")]
[DisplayNameAttribute("Bounds")]
public virtual LogicalRectangle Bounds {get; set;}
'Declaration
 
<CategoryAttribute("	Bounds")>
<DescriptionAttribute("Bounds (location) of the barcode in the image")>
<DisplayNameAttribute("Bounds")>
Public Overridable Property Bounds As LogicalRectangle
'Usage
 
Dim instance As BarcodeData
Dim value As LogicalRectangle
 
instance.Bounds = value
 
value = instance.Bounds
[CategoryAttribute("	Bounds")]
[DescriptionAttribute("Bounds (location) of the barcode in the image")]
[DisplayNameAttribute("Bounds")]
public virtual LogicalRectangle Bounds {get; set;}
@property (nonatomic, assign) LeadRect bounds
public LeadRect getBounds()
public void setBounds(LeadRect value)
            
CategoryAttribute("	Bounds")
DescriptionAttribute("Bounds (location) of the barcode in the image")
DisplayNameAttribute("Bounds")
 <br/>get_Bounds();<br/>set_Bounds(value);<br/>Object.defineProperty('Bounds'); 
[CategoryAttribute("	Bounds")]
[DescriptionAttribute("Bounds (location) of the barcode in the image")]
[DisplayNameAttribute("Bounds")]
public:
virtual property LogicalRectangle Bounds {
   LogicalRectangle get();
   void set (    LogicalRectangle value);
}

属性値

imageの上でバーコード場所とサイズを指定するLogicalRectangleオブジェクト。デフォルト値は、LogicalRectangle.Emptyです。
解説

読み取りバーコード

BarcodeReader.ReadBarcodeまたはBarcodeReader.ReadBarcodesメソッドは、imageから1つのバーコードまたはより多くを読むのに用いられます。これらのメソッドの各々は、見つけられる各々のバーコードのために、オブジェクトまたは型BarcodeDataのオブジェクトの配列を返します。各々のオブジェクトの中に、境界プロパティの値は、BarcodeReaderオブジェクトによってバーコードの位置とサイズに設定されます。

チュートリアルのために、レディングバーコードチュートリアルを参照します。

バーコードの書き込み

BarcodeWriter.WriteBarcodeメソッドは、バーコードをimageへ書き込むのに用いられます。BarcodeDataのインスタンスを作成して、このメソッドにそれを渡す前に、そのメンバを塗りつぶします。境界プロパティは、imageの上でBarcodeWriterオブジェクトにこの新しいバーコードの位置とサイズを知らせます。

バーコードの書き込み時に必ずしもすべてのサイズが使用できるとは限らず、Boundsの幅と高さの値に特別な意味がある場合があります。詳細については、「バーコードの書き込み―四角形とXModule」を参照してください。

チュートリアルのために、バーコードの書き込みチュートリアルを参照します。

サンプル

サンプルについては、「バーコードを書き込むことのサンプルのために、参照しますBarcodeWriter」を参照してください。BarcodeData

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

BarcodeDataクラス
BarcodeDataメンバ
Symbologyプロパティ
GetDataメソッド
SetDataメソッド
Valueプロパティ
BarcodeEngineクラス
BarcodeReaderクラス
BarcodeWriterクラス
BarcodeReader.ReadBarcode
BarcodeReader.ReadBarcodes
BarcodeWriter.WriteBarcode
BarcodeWriter.CalculateBarcodeDataBounds
LEADTOOLSバーコードによるプログラミング
サポートされているバーコード体系
バーコードサポートのロック解除
バーコードの書き込み―四角形とXModule

Leadtools.Barcodeは、バーコードモジュールのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能