(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

IAnnAutomationControlインターフェース






メンバ 
ユーザーのサポートは、LEADTOOLSアノテーションオートメーションで制御します。
オブジェクトモデル
構文
public interface IAnnAutomationControl 
'Declaration
 
Public Interface IAnnAutomationControl 
public interface IAnnAutomationControl 
@protocol LTIAnnAutomationControl <NSObject>
public interface IAnnAutomationControl
function Leadtools.Annotations.Core.IAnnAutomationControl() 
解説

IAnnAutomationControlは、選択した任意のコントロールでLEADTOOLSアノテーション自動化を簡単に使用できるようにするインターフェースを定義します。

デフォルトで、オートメーションフレームワークは、サポートをオートメーションが使われる表面としてLEADTOOLS ImageViewerコントロールを使うために提供します。この実装のためのソースコードは、下の表で定めるLEADTOOLSセットアップで出荷されるLeadtools.Annotations.[プラットホーム]サンプルプロジェクトに携わります。<installdir>通常「C:\LEADTOOLS VersionNumber」で、LEADTOOLSの位置は、マシンのSDKセットアップです:

プラットホーム プロジェクト場所
WindowsフォームGDI+(System.Drawing)

C#バージョン <installdir>\Examples\DotNet\CS\Leadtools.Annotations.Winforms
C#バージョン <installdir>\Examples\DotNet\CS\AnnotationsDemo

VBバージョン <installdir>\Examples\DotNet\VB\AnnotationsDemo

WPF(PresentationCore)

C#バージョン <installdir>\Examples\DotNet3\CS\Leadtools.Annotations.Wpf

WinRT(Windows Store app)

C#バージョン <installdir>\Examples\WinRT\CS\Leadtools.Annotations.WinRT
C#バージョン <installdir>\Examples\WinRT\CS\AnnotationsDemo

JSバージョン <installdir>\Examples\WinRT\JS\AnnotationsDemo

JavaScript(HTML5)

JSバージョン <installdir>\Examples\JS\Documents\Demos\WebApp\Apps\Annotations
JSバージョン <installdir>\Examples\JS\Leadtools.Annotations.JavaScript

純粋なJavaScriptバージョンのために、中でTypeScriptバージョンからコンパイル済みコードを使用します <installdir>\Examples\JS\Common\Libs\Leadtools.Annotations.JavaScript.js

iOSとOSX

バージョン <installdir>\Examples\Xcode\[iOS\OSX]\AnnotationsDemo

アンドロイド

アンドロイドバージョン <installdir>\Examples\Android\AnnotationsDemo

これらのプロジェクトの各々は、クラス名でIAnnAutomationControlの一つ以上の実装を格納しますImageViewerAutomationControl。プロジェクトは、アプリケーションで自由に使われることができて、修正されることができる完全なソースコードを格納します。

オートメーションを実行するために、ツールキットは様々な方向でコントロールと対話しなければなりません。これは、以下のタスクを含みます:

上記のモードが使われるとき、その道具IAnnAutomationControlを使うImageViewerAutomationControlことができて、インターフェースのメソッド/プロパティ/イベントとImageViewerのそれの間で変換を提供します。

一人で代わりにオートメーションを使うために、カスタムは制御します、IAnnAutomationControlを実装するクラスを作成しなければならなくて、AnnAutomation(AnnAutomationManager、IAnnAutomationControl)にこのクラスのインスタンスを渡さなければなりません、そして、より多くが進むならば、必要に応じて関連づけて、AnnAutomationのメソッドの関連づけを解除するために、機能性は必要とされます。

IAnnAutomationControlは、シングルまたは複数のコンテナを自動化することをサポートします。

単一のコンテナモードでは、自動オブジェクトは自動化する単一のコンテナを持っています、そして、すべての操作(レンダリングを含む)は常にアクティブなものであるこのコンテナの上で実行されます。

マルチコンテナモードでは、自動オブジェクトは複数のコンテナを持っています。各々のコンテナは、いつでもアクティブになることができます(コントロールで、または、アプリケーションコードによってコンテナ領域をクリックすることによるユーザー対話を通して)。コントロールが正しく関連情報を返すことができるようにアクティブなコンテナが変更するとき、自動オブジェクトはIAnnAutomationControlに知らせます。

両方のモードは同じ方法を機能します、そして、IAnnAutomationControl実装は通常同様に両方の場合を処理します。AutomationGetContainersCallbackメソッドは、オートメーションにおいて現在のコンテナのコレクションを得るためにコントロールにより用いられることがありえるコールバックを準備するために、AnnAutomationによって呼び出されます。AnnAutomationは、情報を要請する前に、常にコンテナのインデックスで、AutomationContainerIndexプロパティを設定します。たとえば、オートメーションがリストで変換行列を第3のコンテナ(2のゼロから始まるインデックスで)のために必要とするならば、それはAutomationTransformを呼び出す前にAutomationContainerIndexを3を指定して最初に呼び出します。メーカーはローカル変数でAutomationContainerIndexの最後の値を保存しなければなりません、そして、オートメーションが情報を要請するとき、変換行列を得ることはこの値を使わなければなりません。複数の項目でLEADTOOLS ImageViewerを使うサンプルに、これはビューワの第3の項目のimage変換行列であるでしょう。

詳細な情報と完了した実装のためにサンプルソースコードを参照します。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

IAnnAutomationControlメンバ
Leadtools.Annotations.Core名前空間

Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能