(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

Restoreメソッド






image画素データを設定するのに用いられるAnnDataProviderインスタンス。
参照AnnContainer
指定されたデータプロバイダを使用してAnnRedactionObjectの後ろで背景を回復させます。
構文
public virtual void Restore( 
   AnnDataProvider provider,
   AnnContainer container
)
'Declaration
 
Public Overridable Sub Restore( _
   ByVal provider As AnnDataProvider, _
   ByVal container As AnnContainer _
) 
public virtual void Restore( 
   AnnDataProvider provider,
   AnnContainer container
)
-(void) restore:(LTRasterImage*)anImage
     container:(LTAnnContainer*)container;
            
public void restore(
   AnnDataProvider provider,
   AnnContainer container
)
            
 function Leadtools.Annotations.Core.AnnRedactionObject.Restore( 
   provider ,
   container 
)

パラメーター

プロバイダー
image画素データを設定するのに用いられるAnnDataProviderインスタンス。
コンテナ
参照AnnContainer
解説

このメソッドが呼び出されるとき、このAnnRedactionObjectの後ろの背景はオリジナルのimageへ戻って回復しなければなりません。このオブジェクトにはオリジナルのimageの概念がないため、この操作を実行することは、AnnDataProvider実装までです。

このAnnRedactionObjectが理解されなかったならば、このメソッドは何もしません。このAnnRedactionObjectCanRestoreプロパティを使用して理解されるならば、決定することができます。

このメソッドは、以下のようにAnnDataProviderを使います:AnnDataProvider.SetImageDataメソッドは、画素データをimageに戻すために呼び出されます。Realizeが呼び出されたとき、このデータはImageDataでこのオブジェクトの中に以前に得られて、保存されました。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnRedactionObjectクラス
AnnRedactionObjectメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能