(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

AnnOperationType列挙体






アノテーションの操作タイプを指定します。
構文
public enum AnnOperationType : System.Enum 
'Declaration
 
Public Enum AnnOperationType 
   Inherits System.Enum
public enum AnnOperationType : System.Enum 
public enum AnnOperationType
Leadtools.Annotations.Core.AnnOperationType = function() { };
Leadtools.Annotations.Core.AnnOperationType.prototype = {
CreateObjects = 0x00000000, DeleteObjects = 0x00000001, EditObjects = 0x00000002, LockObjects = 0x00000003, UnlockObjects = 0x00000004, RealizeRedact = 0x00000005, RestoreRedact = 0x00000006, Save = 0x00000007, Load = 0x00000008, BurnObjects = 0x00000009, CopyObjects = 0x0000000A, PasteObjects = 0x0000000B, EncryptObjects = 0x0000000C, DecryptObjects = 0x0000000D, RenderingObjects = 0x0000000E, HitTestObjects = 0x0000000F, };
メンバ
メンバ説明
0 x 00000000CreateObjects 新しいアノテーションオブジェクトは、コンテナに作成されていて、追加されています。
0 x 00000001DeleteObjects アノテーションオブジェクトはアンインストール済みで、コンテナを削除しました。
0 x 00000002EditObjects アノテーションオブジェクトは修正されています。
0 x 00000003LockObjects オブジェクトは、パスワードでロックされています。
0 x 00000004UnlockObjects オブジェクトは、パスワードでロック解除されています。
0 x 00000005RealizeRedact 理解されているAedactionオブジェクト。
0 x 00000006RestoreRedact 回復している改訂版オブジェクト。
0 x 00000007Save Containerは保存されています。
0 x 00000008Load Containerはロードされています。
0 x 00000009BurnObjects アノテーション対象となっているimageの表面で書き込まれているObjects。
0 x 0000000ACopyObjects クリップボードへコピーされているObjects。
0 x 0000000BPasteObjects コンテナにクリップボードからペーストされているObjects。
0 x 0000000CEncryptObjects 暗号化オブジェクトは、画像データをスクランブルするために適用されます。
0 x 0000000DDecryptObjects 暗号化オブジェクトは、画像データを非スクランブルするために適用されます。
0 x 0000000ERenderingObjects Objectsは、アノテーション対象となっているimageの上で提出されます。
0 x 0000000FHitTestObjects Objectは、ヒットの検査済みです。
解説

呼び出されている操作の型を指定するAnnOperationInfoEventArgs.Typeによるユーザー。

継承階層

System.Object
   System.ValueType
      System.Enum
         Leadtools.Annotations.Core.AnnOperationType

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

Leadtools.Annotations.Core名前空間

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能