(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

SupportsStrokeプロパティ(AnnObject)






このオブジェクトがストロークをサポートするかどうか示します。
構文
public virtual bool SupportsStroke {get;}
'Declaration
 
Public Overridable ReadOnly Property SupportsStroke As Boolean
public virtual bool SupportsStroke {get;}
@property (nonatomic,readonly) BOOL supportsStroke;
public boolean getSupportsStroke()
 get_SupportsStroke(); 

属性値

このAnnObjectがストロークでその境界を描画することをサポートするならば、true;そうでない場合はfalse
解説

派生クラスは、ストロークか、塗りつぶしフォントがオブジェクトによりそれぞれ用いられるだろうかどうか示すために、SupportsStrokeSupportsFillSupportsFontをオーバーライドしなければなりません。これにより、オブジェクトのシリアル化時にそれらの値が確実に保存およびロードされます。若干のオブジェクトレンダラーは、フォントまたはブラシを準備するために、これらの値も確認します。

たとえば、長方形オブジェクトはこのプロパティをオーバーライドしてtrueを返し、直線オブジェクトはfalseを返します

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnObjectクラス
AnnObjectメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能