(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

SupportsOpacityプロパティ(AnnObject)






このオブジェクトが不透明度をサポートするかどうか示します。
構文
public virtual bool SupportsOpacity {get;}
'Declaration
 
Public Overridable ReadOnly Property SupportsOpacity As Boolean
public virtual bool SupportsOpacity {get;}
@property (nonatomic,readonly) BOOL supportsOpacity;
public boolean getSupportsOpacity()
 get_SupportsOpacity(); 

属性値

このAnnObjectが、そうでない場合、間違った不透明度をサポートするならば、true。デフォルト値はtrueです
解説

不透明度がオブジェクトにより用いられるだろうかどうか示すために、派生クラスはSupportsOpacityをオーバーライドしなければなりません。これにより、オブジェクトのシリアル化時にそれらの値が確実に保存およびロードされます。若干のオブジェクトレンダラーは、フォントまたはブラシを準備するために、これらの値も確認します。

オブジェクトが不透明度をサポートするとき、不透明度の値はグローバルな不透明度値を用いたオブジェクトにするこのオブジェクトタイプのIAnnObjectRendererにより用いられるでしょう。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnObjectクラス
AnnObjectメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能