(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

IsSelectedプロパティ






オブジェクトが選択されるかどうか示している値を取得または設定します。
構文
public bool IsSelected {get; set;}
'Declaration
 
Public Property IsSelected As Boolean
public bool IsSelected {get; set;}
@property (nonatomic) BOOL isSelected;
public boolean isSelected()
public void setSelected(boolean selected)
            
 
get_IsSelected();
set_IsSelected(value);
Object.defineProperty('IsSelected');

属性値

オブジェクトが選択されるならば、true;そうでない場合はfalse。デフォルト値は、falseです。
解説

この値は、選択されたオブジェクトの経過を追うために、オートメーションフレームワークにより用いられます。決してオートメーション化していないモードでは、オブジェクトが選択されるかどうかについて示す一般的なプロパティとして、IsSelectedの値を使うことができます。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnObjectクラス
AnnObjectメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能