(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

Deserializeメソッド(AnnObject)






AnnDeserializeOptionsは、オプションをdeserializeします
オブジェクトのデータを格納するXMLノード。
オブジェクトのデータを格納するXMLドキュメント。
データによるこのオブジェクトを指定されたXMLからロードします。
構文
public virtual void Deserialize( 
   AnnDeserializeOptions options,
   XmlNode element,
   XmlDocument document
)
'Declaration
 
Public Overridable Sub Deserialize( _
   ByVal options As AnnDeserializeOptions, _
   ByVal element As XmlNode, _
   ByVal document As XmlDocument _
) 
public virtual void Deserialize( 
   AnnDeserializeOptions options,
   XmlNode element,
   XmlDocument document
)
-(void)deserializeOptions:(LTAnnDeserializeOptions*) options
                 fromNode:(DDXMLElement*) element
                 document:(DDXMLDocument*) document;
            
public void deserialize(
AnnDeserializeOptions options,
Node element,
Document document
)
            
 function Leadtools.Annotations.Core.AnnObject.Deserialize( 
   options ,
   element ,
   document 
)

パラメーター

オプション
AnnDeserializeOptionsは、オプションをdeserializeします
要素
オブジェクトのデータを格納するXMLノード。
ドキュメント
オブジェクトのデータを格納するXMLドキュメント。
解説

シリアル化してこのオブジェクトの状態が保存されることになっているとき、フレームワークによって呼び出します。オブジェクトは、シリアル化する必要のあったプロパティの全てを追加するためにXMLドキュメントと親ノードを使わなければなりません。

このオブジェクトの状態がロードされることであるとき、Deserializeはフレームワークによって呼び出されます。オブジェクトは、以前に保存されたすべてのプロパティを読み込むために、XMLドキュメントとノードを使わなければなりません。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnObjectクラス
AnnObjectメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能