(Leadtools.Annotations.Core)

フレームを表示

ContentPictureプロパティ






これのコンテンツを描画するとき、使われるピクチャのIDオブジェクトを取得または設定します。
構文
public int ContentPicture {get; set;}
'Declaration
 
Public Property ContentPicture As Integer
public int ContentPicture {get; set;}
@property (nonatomic) int contentPicture;
public int getContentPicture()
public void setContentPicture(int picture)
            
 
get_ContentPicture();
set_ContentPicture(value);
Object.defineProperty('ContentPicture');

属性値

これのコンテンツを描画するとき、使われるピクチャのIDオブジェクト。デフォルト値は、7です。
解説

コンテナの内側のこの型のすべてのオブジェクトは、コンテンツを描画するとき、このピクチャを使います。これは、実行されますによってこのオブジェクトタイプのためのIAnnObjectRendererIAnnObjectRenderer.RenderContentメソッド。このメソッドはコンテンツを提出するために呼び出されます、そして、デフォルトで、オブジェクト境界の中心に無効でないならば、それはContentPictureを提出します。

(コンテナは、作成される「付箋」のピクチャを使います)デフォルト。このプロパティを用いてこのデフォルトのピクチャを変更することができます。

詳細については、「アノテーションセキュリティ の実装」を参照してください。

必要条件

ターゲットプラットホーム

参照

参照

AnnObjectクラス
AnnObjectメンバ

   Leadtools.Annotations.Coreは、DocumentまたはMedicalツールキットのライセンスと、解除キーが必要です。詳細は、以下を参照してください。LEADTOOLSツールキット機能